タイムマシーン3号は、2000年に活動を開始している、太田プロダクション所属のお笑いコンビである。メンバーは、ツッコミ担当の山本浩司(やまもとこうじ)と、ボケ担当の関太(せきふとし)の2人である。山本は1979年6月22日生まれで新潟県新潟市出身であり、関は1979年8月5日生まれで群馬県中之条町出身である。2人とも誰かに似ていると言われることが多く、山本はロックバンドback numberのボーカル清水依与吏、関は秋元康や六角精児などとよく間違われることがある。賞レースに関しては、M-1グランプリ、オンバト+、THE MANZAI、キングオブコントなどで、上位入賞の常連となっている。注目の実力派コンビである。

タイムマシーン3号の日程

30人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

タイムマシーン3号のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/24 12:00更新)

タイムマシーン3号について

タイムマシーン3号の魅力とは

タイムマシーン3号は、ツッコミ担当の山本とボケ担当の関からなるお笑いコンビである。所属事務所は、コンビ結成の2000年以来3つの事務所を経て、2013年から太田プロダクションに所属している。イジリー岡田や土田晃之、原口あきまさ、ビビる大木などが出身者である「専門学校東京アナウンス学院」で出会い、クラスの余り者同士でコンビを結成している。

山本はロックバンドback numberのボーカル清水依与吏に似ていると言われることが多く、テレビに山本か清水のどちらかが映るとTwitterなどネットがざわつくことがしばしばある。それに対し、関は秋元康や六角精児などとよく間違われ、冠婚葬祭で周囲が騒ぐとこぼしている。タイムマシーン3号のお笑いの腕前は高く評価されており、結成5年でM-1グランプリにて7位入賞を果たし、2010年には第9回漫才新人大賞優秀賞、2012年にはNHK総合テレビで放送されていたオンバト+で第2代チャンピオンを獲得している。その勢いは止まらず、2015年にはM-1グランプリで4位、2016年はキングオブコントで4位と、実力は認められながらも念願の優勝を掴めないでいる。頂点まであと少しの所にいる彼らの頑張りに期待である。

タイムマシーン3号が好きな方はこんなチケットもおすすめ