ティグランハマシアンは、アルメニア共和国出身のピアニストである。生まれたときに家にはすでにピアノがあり、わずか3歳でレッドツェッペリンの曲を弾いていたという天才だ。11歳を過ぎた頃からは数多くのコンクールやフェスティバルにも出演していた。そして19歳の頃、新人ジャズ・ミュージシャンの登竜門と言われている「セロニアス・モンク・コンペティション」で優勝を遂げるという快挙を果たすのだ。世界的なピアニストは海外はもちろん日本にも多くいるが、弾くたびに進化を遂げる彼の演奏は世界中の人々を熱狂させるほどだ。そんなティグランハマシアンのピアノをぜひ聴いてみてはいかがだろうか。

ティグランハマシアンの日程

11人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ティグランハマシアンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ティグランハマシアンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/23 18:00更新)

ティグランハマシアンについて

ティグランハマシアンの魅力とは

幼少期からピアノを弾き始め、多くのコンクールにも出場を果たすピアニスト・ティグランハマシアン。ジャズ、ロック、エレクトロニカ、クラシックなど様々な音楽を聴くだけではなく、その音楽を自分の中に取り入れつつジャンルを超える音楽を生み出す演奏をすることで知られているピアニストなのである。彼のピアノに心惹かれるファンは多く、クラシックファンはもちろんのこと、エレクトロニカファンまでもが彼の虜になってしまう。

10代の頃にあらゆるジャンルの音楽を聴いていたということもあり、ジャンルごとに分かれたアルバムも数多く出している。中でも2015年にリリースされた、デスメタルをメインにしたアルバム「Mock Root」は、ロックファンをはじめ彼のファンも衝撃を受けたことだろう。そして続けて発売された作品「Luys i Luso」は、彼の出身国であるアルメニア共和国の音楽を取り入れた作品でアルメニア聖歌隊と共に作りあげた曲で、これもまた話題を集めた。

彼の創造性あふれる演奏は素晴らしく、世界のミュージシャンたちをも魅了する。それは、ただ演奏するだけではなく、聴く人の心に直接響くからではないだろうか。2017年春にはワールドツアーも決定し日本での公演も予定されている。鬼才・ティグランハマシアンが奏でる音色をぜひとも会場で楽しんでほしい。

ティグランハマシアンが好きな方はこんなチケットもおすすめ