THE SALA(ザ・セイラ)は茨城県日立市発の女性ボーカルの5人組ロックバンドである。メンバーはEmiko Otaka(Vo.)、Sou Inoue(Gt./vo.)、 Kouhei Tsutsumi(Gt./vo.)、 Yoshihito Nakamura(Ba./vo.) 、Hiroki Yurugi(Dr./vo.) と個性豊かなメンバーが揃う。日立市を拠点に精力的に活動しているTHE SALAは年間で100本ものライブを実施する。いまもっとも若者を中心に人気を集めているの注目のバンドのひとつだ。東日本大震災ではリーダーのNakamuraが水戸市内のコンサート会場へ向かう時に被災した。ライブハウスに辿りつくも機材が散乱し中止を余儀なくされた。その後THE SALA(ザ・セイラ)は被災した経験を通し制作した楽曲と復興への祈りとともに全国で演奏を続けている。

THE SALA(ザ・セイラ)の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

THE SALA(ザ・セイラ)について

THE SALA(ザ・セイラ)のも魅力とは

Emiko Otaka(Vo.)、Sou Inoue(Gt./vo.)、 Kouhei Tsutsumi(Gt./vo.)、 Yoshihito Nakamura(Ba./vo.) 、Hiroki Yurugi(Dr./vo.)からなる女性ボーカルのロックバンド THE SALA(ザ・セイラ)。茨城県の日立市をメインに活動しており、ライブの回数は年間で100本にも届く若者に人気のバンドだ。
リーダーのNakamuraは水戸市内のコンサート会場へ向かう時に東日本大震災で被災を経験する。辿りついた先のライブハウスでは機材が散乱し、ライブが出来る状態ではなかったために中止を余儀なくされた。その後活動は自粛となりライブハウスも営業を停止となった。
しかしそんな中で音楽を続ける決意を固め、半年で100曲もの楽曲を制作。ボーカルのOtakaと共に活動を続け、震災の現状を伝えていく為の音楽に意味を見出して行く。震災から1年後にはバンド活動を再開。地元で野外音楽フェスを企画し80名ものアーティストが参加した。このようにTHE SALA(ザ・セイラ)の音楽活動は震災と切っても切れない関係にあり、現在も震災の経験を通し制作した楽曲を全国で演奏している。
2013年には 1st ミニアルバム「pray(csm-1102)」を全国リリース。2014年にはLIVE会場限定シングル「THE SALA」を発売した。2015年には両A面ワンコインシングル「FRIENDS/窓際の夜」をリリースし、全国発売となっている。まさにアーティストたるべき活動をするTHE SALA(ザ・セイラ)の活躍に注目だ。

THE SALA(ザ・セイラ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ