ザ・クロマニヨンズは2006年「タリホー」でデビューの男性4人組ロックバンド。元ブルーハーツの甲本ヒロトと真嶋昌利を中心に結成。ヒロトの個性的な声とエキセントリックなステージングは健在。疾走感のあるマーシーのギターと、ベースのコビー、ドラムのカツジ のリズム隊の音がタイトでシンプルでありながら格好良い。彼ら独自の感性とパンクロックのリズムによる歌詞で、熱狂的なファンを持つ人気バンドである。ロックンロールの原点である、魂を揺さぶるパワー・ヒリヒリするようなスリル・血が沸き立つような歓喜を観客に体現させることができるライブバンド「ザ・クロマニヨンズ」。彼らのライブからは、観客への愛が満ち溢れていることが伝わって来る。

ザ・クロマニヨンズの日程

1,479人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

THE CRO-MAGNONSのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

クロマニヨンズ Live情報

クロマニヨンズのライブの魅力を徹底解剖

時代の変化とともに、ロックンロールも幾多の化学反応を繰り返しながら、様々な形に変化をしてきた。それと同時に、余分な物も含めてロックンロールは様々な事象を吸収したことによって、肥大化しすぎたのかもしれない。 甲本ヒロト、真島昌利を中心に結成されたクロマニヨンズは、そんな肥大化したロックンロールから、余分なものを削ぎ落とし、ロックンロールの核となるピュアな部分を抽出した。そうしてソリッドでラフなロックンロールを具現化させた彼らは、今の日本の音楽シーンでも稀有な存在である。

ザ・ブルーハーツ、ザ・ハイロウズとそれぞれの時代で、ロックンロールを叫び続けた彼らは、クロマニヨンズでも変わらず、ライブバンドで有り続けている。 彼らの疾走感溢れるライブは、キャリアを積んでロックンローラーとしてベテランの地位にいる今でも、ザ・ブルーハーツ時代のそれと同じものだ。ライブでのザ・クロマニヨンズは水を得た魚である。

そして観客も、昔も今も変わらず彼らの全力疾走に遅れないように、必死に追いかけていく。 観客に手を差し伸べ、彼らの声を背中に浴びて走り続ける。

ザ・クロマニヨンズが好きな方はこんなチケットもおすすめ