第97回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会取扱中!天皇杯は、オープントーナメント形式で日本一の座を争う男子サッカーの日本選手権大会だ。1921年に「ア式蹴球全國優勝競技會」の大会名で開催されて以来、2017年大会で実に97年目となる歴史を有し、Jリーグ戦、JリーグYBCルヴァンカップと並んで、国内3大タイトルの1つとしてサッカーファンから大きな注目を集めている。リーグ戦と異なり、一発勝負のノックアウトトーナメントであるため、これまで下部リーグやアマチュアチームが格上チーム相手に勝利する「ジャイアントキリング」と呼ばれる数々のドラマを生んできた。J1やJ2のチームだけでなく各都道府県代表チームも参加し、クラブチームのトップを目指して繰り広げられる熱戦を、ぜひスタジアムで観戦してほしい。

第97回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会

2,929人が登録中

あと9日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

天皇杯のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/17 00:00更新)

天皇杯について

天皇杯の魅力とは

1921年に第1回大会が開催されて以来、1世紀近くにわたり男子サッカーチームのナンバーワンの座を巡り、熱戦を繰り広げてきた天皇杯全日本サッカー選手権大会。Jリーグ戦、JリーグYBCルヴァンカップと並び、国内3大タイトルの一つに挙げられ、Jリーグ加盟チームのみならず各都道府県代表のアマチュアチームも参加できるカップ戦として、サッカーファンの並々ならぬ関心を集めている。

Jリーグ創設以降、国内3大タイトルを制覇する三冠を達成したのは、2000年度の鹿島アントラーズ、2014年度のガンバ大阪のみであり、三冠制覇の難しさが伺える。第97回天皇杯では4月下旬に第1回戦が開催され、ノーシードの都道府県代表チーム同士が対戦。シードとなっていたJ1、J2のサッカークラブは第2回戦から登場し、2018年元旦の決勝戦を目指す。

天皇杯の醍醐味の一つとも言えるのが、格下のチームが格上のチームを倒す「ジャイアントキリング」。今年もベスト16に茨城県代表の筑波大学、長野県代表のAC長野バルセイロ、J2の松本山雅FC、名古屋グランパスが残り、前回優勝の鹿島アントラーズをはじめ、ガンバ大阪、柏レイソル、浦和レッズなどの有力チームとともに日本一のクラブチームを目指す。今年も波乱とドラマが起きるのか、天皇杯の熱戦をその目で確かめてほしい。

天皇杯(サッカー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す