天神祭」は、毎年約130万人もの人が訪れる日本三大祭の1つである。また、生國魂神社の「生玉夏祭」・住吉大社の「住吉祭」と共に大阪三大夏祭りにもなっている。 毎年、宵宮が7月24日、本宮が翌7月25日に定められて大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、開催されている。 本宮の日に打ち上げられるメインイベント「奉納花火」はおよそ5,000発もの花火が打ち上げられ、大川を航行する船渡御列を照らしだし観客達を魅了している。 「天神祭」は毎年全国各地から大勢の人が訪れるため、花火の観覧席チケットは是非手に入れておきたい。

天神祭 2017の日程

17人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

天神祭のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/23 18:00更新)

天神祭について

天神祭の魅力とは

東京「神田祭」・京都「祇園祭」と並び日本三大祭とされる、「天神祭」。 生國魂神社の「生玉夏祭」・住吉大社の「住吉祭」と共に大阪三大夏祭りの一つとなっていることも有名で、毎年約130万人もの人が訪れる夏の大祭となっている。 天神祭は、大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、毎年、宵宮が7月24日、本宮が翌7月25日に定められて開催されている。 また、天神祭で名物となっているのは「天神祭ギャルみこし」だろう。毎年、天神祭宵宮の前日、7月23日に天神橋筋商店街を巡行するギャルみこしだが、一般応募でその年に神輿を担ぐ女性たちが選出され、重さ約200kgもある神輿を元気よく担ぎながら天神橋筋商店街を巡行しているのだ。 意外にも2010年に30周年を迎えるほどの歴史を持つギャルみこしは、天神祭に華を添える行事となっている。 そして、本宮の日に打ち上げられるメインイベント「奉納花火」はおよそ5,000発もの花火が打ち上げられ、大川を航行する船渡御列を照らしだし観客達を魅了している。 大勢の人が全国各地から訪れるため、、花火の観覧席チケットは是非手に入れておきたい。

天神祭 2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ