天童よしみとは、1970年から活躍する、日本を代表する演歌歌手である。幼い頃から抜群の歌唱力を発揮し、数々の賞を受賞している。特に幼い頃の有名な活躍としては「のど自慢大会」が挙げられる。数々の大会に出場し名を馳せていた頃にプロデューサーから声がかかり、人気アニメにもなる「いなかっぺ大将」のテーマソングを手掛けヒット。それから演歌歌手として実力を発揮しながら、1998年には自身をかたどった「よしみちゃん人形」というキーホルダーを無料で配り幅広い世代から人気となる。その後も歌手として音楽活動で他を寄せ付けない実力を発揮。紅白歌合戦にも出場するなど不動の人気を得ることになる。小柄な身体から発せられるパワフルな歌唱力はもはや演歌界のアイドルと言っても過言ではない。

天童よしみの日程

124人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

天童よしみのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/19 18:00更新)

天童よしみについて

天童よしみの魅力とは

天童よしみとは演歌界の大御所であり、その愛くるしい外見から幅広い層からアイドルのように慕われている日本のトップ演歌歌手である。幼い頃、多数くの「のど自慢大会」に出場し、圧倒的歌唱力で幾度もの優勝を経験する神童であった。その頃、同じ大会で幾度も争ったライバルが上沼恵美子であり、2人の歌の実力は知っての通りである。

大阪出身であり歌の影響は自身の父親。7歳にして大会出場を果たしている。プロデビューとなるのは1972年。それまで活動していた吉田よしみではなく天童よしみの名で活動を開始。まさに彼女の名にぴったりの名前である。

ところがそれまでの勢いはどこへやら、その後の活動はなかなか振るわずその時引退の文字まで浮かんでしまう。そして1985年「道頓堀人情」が発売、熱心な営業からかゆっくりと人気が見え始め引退の危機を脱する。それからは持ち前の歌唱力とその小柄で愛らしい外見から幅広い層に人気に。1996年の「珍島物語」は初のミリオンを達成。紅白出演から映画のテーマソング、CM出演と演歌歌手に捕われない活躍でその地位を確立する。一般的に若い世代には馴染みのない演歌歌手というジャンルだが、テレビアニメの主題歌やCMなどに出演することで馴染みのある歌手へとなっていった。それは演歌歌手としての実力とその愛らしさ両方を持っているからこそできることである。

天童よしみが好きな方はこんなチケットもおすすめ