シェイクスピアの生誕450年というメモリアルイヤーを、演出家の白井晃の大胆な解釈による「テンペスト」が華々しく彩ります。シェイクスピアの代表作の一つ数えられ、シェイクスピアが単独で書いた最後の作品である「テンペスト」。これまで多くの人が手掛け、その解釈によって様々な顔を見せるシェイクスピア作品。その意味では白井版「テンペスト」に対する演劇ファンの期待も非常に高い。常にチケットも高い人気を集めるシェイクスピア作品だが、それだけ何度観ても飽きさせないほどの魅力が作品にはあり、また解釈によって様々な顔を見せてくれるのが、シェイクスピア作品の凄さと言えるのかもしれない。一人の男が魔術の力を借りて、かつて自分を追いやった相手を集めるところから始まる物語。そして集められた人々の前で、自分の思いを吐露する主人公。そこにはシェイクスピアの人間、そして社会に対する思いが投影されている。

K.テンペストの日程

0人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

テンペスト について

古谷一行や高野志穂、羽場裕一といった実力派俳優たちが、この白井版「テンペスト」の血肉となって、最高の演技で至極の舞台へと昇華させた本作。シェイクスピア作品を観たことが無い人も、そしてシェイクスピア作品を何度も観たことがある人にとっても、「テンペスト」のチケットは人間について改めて考えさせるはずだ。

K.テンペストが好きな方はこんなチケットもおすすめ