TEE(ティー)は広島県出身のシンガーソングライターである。16歳からボクシングを始め、高校、大学と通算6回の国体へ出場。アテネオリンピックの候補選手にも選ばれる優秀なボクサーであった。しかし肘と肩の怪我によりボクシングの道を断念。大学卒業後はカナダのトロントに留学し、そこで行ったクラブがきっかけで音楽に目覚めることとなった。帰国後に本格的に音楽の道を志すこととなり、2010年に「3度のメシより君が好き」でメジャーデビューを果たした。TEE(ティー)は同年にセカンドシングルとなる「ベイビーアイラブユー」をリリース。そして同じく同年には早くもファーストアルバム「Kido I Raku」をリリースした。

TEE(ティー)の日程

157人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

TEEのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 12:00更新)

TEEについて

TEEの魅力とは

アテネオリンピックの候補選手にも選ばれる優秀なボクサーであったという異例の経歴を持つTEE(ティー)。
怪我によりボクサーへの道を断念することでアーティストへの道が開けたという異色のシンガーソングライターだ。
楽器を習ったことはなく、発声法も作曲法も全て独学だという。1年9ヶ月の留学を経て帰国し本格的に音楽の道を志した。
2010年に「3度のメシより君が好き」でメジャーデビュー。
同年にセカンドシングルとなる「ベイビーアイラブユー」、ファーストアルバム「Kido I Raku」立て続けにリリースした。
「ベイビーアイラブユー」は全国各地でロングヒットを記録し、USEN J-POP総合チャートでも22週連続チャートインの新記録となった。着うたは70万ダウンロードを突破。「Billboard JAPAN Music Award 2010」では最優秀新人賞を獲得した。
シェネルと共に再録した「ベイビーアイラブユー」が収録されたミニアルバムはオリコンデイリーチャート4位、ウィークリーチャートでは9位を獲得となった。
その後、Crystal Kayとのコラボや、ドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」とのタイアップなど怒涛の活躍となっている。

TEE(ティー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ