TATTOO 14は、この作品は演出家であり作曲家でもある小林香氏が創作した「SHOW-ism」シリーズの1つです。2012年の初演に好評を博し、再演されることになりました。劇中には映画やミュージカルなどの有名な楽曲がふんだんに盛り込まれていて、ドラマティックなストーリー性のあるショーなのでミュージカルとして楽しめます。舞台はサンフランシスコ、「HEAVEN」と名付けられた古いビルの屋上のプレハブ小屋で育った孤児たち7姉妹による夢への挑戦と絆の物語。7姉妹はどん底の貧乏生活の中で「TATTOO 14」というカンパニーを組んで、ショー・コンテストの優勝を目指すも、本選出場まで勝ち上がってきた矢先、次女ビーが事件を起こしてしまい儚くも夢は頓挫してしまいます。その2年後、「TATTOO 14」は7人の絆のもと復活。ナッシュビルからサンフランシスコを目指して・・・