落語立川流(立川流一門)は、東京にある落語家の団体である。創設者は7代目立川談志。1983年落語協会の真打昇進試験にて当時教会の理事であった談志が不在の中試験がおこなわれた。談志の弟子の2人が不合格となるが、明らかに2人よりも腕が劣る者が合格したことが発端で、当時の落語協会会長であった師匠・柳家小さんと対立することになり落語協会を脱会。立川流一門を創設した。脱退以降はホールなどでの落語会を中心に活動。2011年家元であった立川談志の死去に伴い、弟子の土橋亭里う馬が新代表となっている。現在でも立川流一門会として各地で定期興行や独演会もおこなわれ、真打が出演する公演はプラチナチケットになるなど人気を博している。一度足を運んで生の落語を堪能してみてはいかがだろうか。

落語立川流(立川流一門)の日程

79人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

落語立川流の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

落語立川流のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(2/26 12:00更新)

落語立川流(立川流一門)について

落語立川流(立川流一門)の魅力とは

落語立川流(立川流一門)は東京にある落語家の団体。創設者は7代目立川談志。16歳で柳家小さんに入門し、柳家小よしと名乗る。その後二つ目昇進時に柳家小ゑん、1963年立川談志を襲名し真打に昇進している。1983年の真打昇進試験問題で脱会。落語立川流を創設し家元となっている。落語以外にも俳優、歌手、エッセイストなど活動も多岐に渡っている。

立川志らくは1985年に入門。1988年二つ目昇進し、1995年真打に昇格している。落語家の他に、2003年劇団下町ダニーローズを立ち上げ1997年「異常暮色」で監督デビューを果たしている。立川流で談志を除けば一番弟子が多く孫弟子も誕生している。

立川談春は1984年17歳に入門。1988年二つ目昇進し、1997年真打に昇進。古典落語に定評があり独演会などのチケットは即日完売は当たり前といった状態である。談志の死去をきっかけにメディアにて落語を広める活動を積極的におこなっている。

立川志の輔は1983年サラリーマンを経て29歳で入門。二つ目に昇進した頃からテレビ出演が増え人気を博し、1990年真打に昇進した。談志に「立川流の最高傑作」と高く評価を受けている。立川生志は営業マンを経て1988年入門。1997年二つ目昇進、2008年真打に昇進し現在の名前に改名している。

以上の主要メンバーが揃う立川流一門の落語を、ぜひとも生で楽しんでみてほしい。

落語立川流(立川流一門)が好きな方はこんなチケットもおすすめ