ミュージカル 狸御殿は宮本亜門演出の舞台だ。狸御殿自体は、木村恵吾原作の「オペレッタ喜劇」の総称で1939年の第1作以来、幾度もリメイクされ現在に至っている。 狸の王子と、継母や連れ子に虐められて暮らす美しい狸娘との間に繰り広げられる恋物語で、幾多のトラブルを乗り越えていく「狸版シンデレラ」ともいえるストーリーだ。ミュージカル 狸御殿は20年ぶりに宮本亜門演出で上演され、主演は尾上松也瀧本美織。歌舞伎俳優の尾上松也は歌舞伎以外での初の主演、瀧本美織はミュージカル初出演となる作品だ。1996年にも宮本亜門演出で上演されており、当時は市川染五郎、牧瀬里穂が主演だった。2016年8月に東京・新橋演舞場上演予定だ。宮本亜門の演出作品としてプリシラ ミュージカルも上演予定だ。

ミュージカル 狸御殿の日程

151人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ミュージカル 狸御殿の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ミュージカル 狸御殿のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 06:00更新)

ミュージカル 狸御殿 について

ミュージカル 狸御殿 の魅力とは

ミュージカル 狸御殿は尾上松也と瀧本美織主演、宮本亜門演出のミュージカル。原作となる狸御殿自体は、木村恵吾原作の「狸御殿」がもとになっており1939年の第1作以来、幾度も様々な形でリメイクされ現在に至っている。 登場人物は人間ではなく、狸。あくまでも狸の世界の設定なので、その自由で破天荒な世界観で好評を博してきた。今回は20年ぶりに宮本亜門演出で上演される。

ストーリーは人間ではなく狸が主人公。狸の国の王子の花嫁選びが行われる中で、偶然出会った王子と継母と森に暮らす美しい娘。2人は強く惹かれあうが、許嫁である隣国の姫に仲を引き裂かれたりと幾多のトラブルを乗り越えていくという「狸版シンデレラ」ともいえる作品だ。尾上松也は今回が初の主演となるが、『ロミオ&ジュリエット』や『エリザベート』など多くのミュージカルに出演し、その実力は高く評価されている。瀧本美織は舞台2回め、ミュージカル初主演となるが、ヴォーカルダンスユニットの「SweetS」のメンバーとしてデビューしてきて以来その歌唱力には定評がある。

ミュージカル 狸御殿の他の出演者は渡辺えり、小倉久寛、青木さやか、翠千賀、あめくみちこ、赤井英和、柳家花緑、城南海など。2016年8月から東京・新橋演舞場上演予定だ。

ミュージカル 狸御殿が好きな方はこんなチケットもおすすめ