種まく旅人 夢のつぎ木は2016年に公開の日本映画である。主演は朝の連続テレビ小説の出演をきっかけにブレイクした高梨 臨と、俳優以外にもモデルや映画評論家としての顔を持つ斎藤 工の二人がつとめ上げる。高梨演じる片岡彩音は、市役所勤務と桃農家を掛け持つ27歳。女優を目指し上京をしたものの、兄の病気のために故郷に戻った。そんな彩音のもとに斎藤 工演じる農林水産省の職員、木村 治がやって来ることで彩音の日常は徐々に変化が訪れる。全国でも有数の桃の名産地である岡山県赤磐市が舞台だ。山の青々しさ、みずみずしい桃の映像に思わず鑑賞後は桃を食べたくなること間違い無しである。映画 種まく旅人 夢のつぎ木は今もっとも注目すべき青春映画である。

種まく旅人 夢のつぎ木の日程

122人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

種まく旅人 夢のつぎ木の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

種まく旅人 夢のつぎ木のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

種まく旅人 夢のつぎ木について

種まく旅人 夢のつぎ木の魅力とは

2016年に公開の映画「種まく旅人 夢のつぎ木」。
主演には連続テレビ小説「花子とアン」の好演により、一躍各メディアから引っ張りだこになった高梨 臨、「HiGH&LOW」、「昼顔」など話題の作品に欠かせない存在になっている斎藤 工のコンビがつとめ上げる。
高梨が演じる片岡彩音は、市役所勤務と桃農家を掛け持つ27歳。女優の夢を掴むため東京に出るが、兄が病に倒れたため故郷に帰った。最期のときまで兄が抱いていた夢は、接ぎ木で作り出した新種の桃であえる「赤磐の夢」の品種登録だった。兄を亡くし残された夢を叶える為に奮闘する彩音のもとに、斎藤 工演じる農林水産省の職員、木村 治がやって来る。
治の故郷の臼杵市では兄夫婦がお茶農家を営んでいた。その姿に影響され、日本の農業政策を努力を尽くし汗を流す農家に見合うものに変えたいという願いから農林水産省に就職した。しかし激務の中で理想を失いかけていた治に、赤磐の生産現場の調査が命じられた。
現場の案内役を任されたものの、馴れ馴れしく口説き文句を連発する治に初めは苛立ちを隠せない彩音はだったが、次第にその態度に隠された情熱に気付いていく。
いつしか夢を語り合う仲になっていた二人は、「赤磐の夢」品種登録への実現に向け心を通わせていく。

種まく旅人 夢のつぎ木が好きな方はこんなチケットもおすすめ