田中 馨はミュージシャン、作曲家である。2000年に結成した、SAKEROCKの元メンバーで、ベースと作曲を担当していた。現在はバンド・ショピンやトクマルシューゴ&ザマジックバンドのメンバーとして幅広く活動している。作曲家としても舞台音楽から映画、CMなどを手がけており、多面的に活動をしている。2011年12月、SAKEROCKを脱退し、2012年11月にソロワークスHei Tanakaを結成し活動開始した。そして2017年、子供から大人まで楽しめるオリジナル音楽劇「気づかいルーシー」を開催。田中は音楽担当で出演する。2015年から始まったこの音楽劇は毎回、大盛況で人気音楽劇だ。

田中馨の日程

6人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

田中馨の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

田中馨のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/23 18:00更新)

田中 馨について

田中 馨の魅力とは

田中 馨は、神奈川県出身のミュージシャン。所属していたSAKEROCKは星野 源がリーダーとなり結成されたバンド。田中は脱退するが、その後2015年にバンドは解散した。SAKEROCK解散時のラストアルバムとライブは星野がプロデュース・作曲のすべてを務めた。脱退した田中と野村卓史も加わり、メンバー5人でアルバム「SAYONARA」を作り2015年4月にリリースした。このラストアルバムを引っ提げて同年6月にライブをおこない多くのファンに惜しまれながら解散した。

バンド活動、演劇作品への楽曲提供など、田中の音楽活動は多岐に渡っている。音楽を担当する音楽劇「気づかいルーシー」は子供から大人まで楽しめる、怖可愛いおとぎ話だ。作家・松尾スズキの原作をノゾエ征爾が圧倒する歌と踊りで彩り、観客を虜にする。オリジナル音楽劇として舞台化されたこの作品。落馬して亡くなったおじいさんの皮をはいで馬がそれを被り、少女ルーシーを悲しませないように気づかい…という物語。ちょっぴり恐い気もするような話がどのように舞台で展開するのか楽しみだ。田中がこの大人気の舞台を音楽効果で盛り上げ、感動と笑いを会場全体に巻き起こす。気づかい要注意!こわかわいい舞台をお見逃しなく!

田中馨が好きな方はこんなチケットもおすすめ