為末 大は400mハードルを専門とした元・陸上選手である。日本の400mハードルの第一人者でもあり、オリンピックには、2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京と、3大会連続で出場している。2001年エドモントン・2005年ヘルシンキの世界陸上選手権では男子400mハードルにおいて銅メダルを獲得している。中学の頃からその秀でた才能を発揮しており、様々な種目で活躍する陸上選手だった。中学ランク1位を達成したことのある種目は100m、200m、400m、走幅跳、三種競技A、三種競技Bの6種目だというから驚くしかない。非常に強靭な足腰の持ち主でもあり「鉄人」という言葉が最もしっくりくる陸上選手だったと言えるだろう。

為末大の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

為末大の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

為末大のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 06:00更新)

為末 大について

為末 大とは

為末 大は400mハードルで日本の第一人者とも言える元・陸上選手である。
オリンピックには、2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京と、3大会連続で出場しており、2001年エドモントン・2005年ヘルシンキの世界陸上選手権では男子400mハードルにおいて銅メダルを獲得している。

中学生の頃からその類い稀なる才能を発揮しており、後に専門にする400mハードル以外の多くの種目で中学記録を更新するなどの活躍を見せていた。他の短距離選手と比べても過酷な量の練習をこなすことが多く、その練習で培われた強靭な足腰はハードルの跳躍の際に一役買っていた。ハードル競技は体幹が弱いと世界レベルの選手でも転倒することの多い競技だが、為末が現役時代にレース中に転倒したのはただの2回しかない。このことからも為末がいかにタフな体を持っていたかが分かっていただけるだろう。

また、「走る」ということに対して為末ほど深く考え、試行錯誤を繰り返した選手も珍しく、そういった姿勢から「走る哲学者」という異名も持つ。
現役引退後はタレント業・スポーツコメンテーターなどを行う傍ら、指導者として後進の育成にも力を入れている。

為末大が好きな方はこんなチケットもおすすめ