多摩川花火大会(たまがわ)は世田谷区たまがわ花火大会と川崎市制記念多摩川花火大会の二つの花火大会のことである。開催場所はそれぞれ東京都世田谷区、神奈川県川崎市高津区にある多摩川河川敷で行われる。毎年8月の第三土曜日に開催される。両大会合わせて「二子玉川花火大会」という俗称で呼ばれることもある。二つの花火大会は別々のイベントであるが大会開催地域が隣接しており、また1994年以降は同日開催が行われている。そのために周辺住民からも同一の大会のように呼ばれ、二つの花火大会のどちらも交通規制など相互協力して開催している。総打ち上げ数は両大会それぞれ約6000発の合計約12000発である。観客数が100万人を超える年もあった。

多摩川花火大会(たまがわ)2017の日程

239人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

多摩川花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

多摩川花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/22 18:00更新)

多摩川花火大会(たまがわ)について

多摩川花火大会(たまがわ)の魅力とは

多摩川河川敷を彩る夏の風物詩である多摩川花火大会。二つの花火大会にはそれぞれの特色がある。世田谷区たまがわ花火大会は毎年異なるテーマを持って開催している。基本的に音と光の芸術を重視することに務めており、毎年変わった演出を行っている。川崎市制記念多摩川花火大会は六郷橋での川開きの知らせとして始まった。音楽花火やスターマインと仕掛け花火などが打ち上げられる。それぞれに人気のある花火大会であり、二つの花火大会を合わせた通年の来場者数は60、70万人ほどで、最高で100万人もの集客を達成している。2004年から2006年は世田谷区側のみ休止したが、それでも30万人もの観客が集まっている。この花火大会は自治体から出資や、商店・企業などからの寄付や地域住民の募金活動や警備に応援で成り立っている。またボランティアによるゴミの片付けなど事後清掃活動もきちんと行っている。そういった人々の力によって長年に渡って開催し続けることが出来ている。毎年8月中旬に行われる花火大会はとても混雑するので、落ち着いて見るためには有料観覧席を確保しておくべきだ。歴史もあり、親しみあり、なにより二つの花火大会による迫力ある花火は今年の夏を飾るにはピッタリである。

多摩川花火大会(たまがわ)2017が好きな方はこんなチケットもおすすめ