映画祭 TAMA CINEMA FORUM取扱中!TAMA映画賞授賞式とは毎年秋に開催される日本の映画祭「TAMA CINEMA FORUM」内で開催されている授賞式。1991年に記念すべき第1回目が開始された映画祭で、タイトルの通り東京都多摩市にて開催されている。その1年で公開された話題作をピックアップ、映画の上映はもちろんトークライブなど様々な企画を行っている。そしてその中で2009年に新たに設けられたのが映画賞である。監督、俳優、作品と各ジャンルに分けで突出した存在を見せたものに各賞を送る。最優秀作品賞、最優秀男優賞・女優賞そして特別賞などを設け、興行成績だけでは測ることのできない作品を選出している。これには完成度の高さだけでなく感謝の意を込めたものでもあり、今後の作品制作にも大きな期待がかかる。

映画祭 TAMA CINEMA FORUM

151人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

TAMA映画賞授賞式のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 12:00更新)

TAMA映画賞授賞式について

TAMA映画賞授賞式の魅力とは

TAMA映画賞授賞式とは1991年から毎年開催されている東京都多摩市の映画祭「TAMA CINEMA FORUM」にて行われる授賞式。いくつかのジャンルに分けられ賞を設定、各ジャンルでの受賞はその年の映画作品の中でも突出した作品、俳優である。本受賞式は2009年に設けられたもので第1回目となる受賞作品は最優秀作品賞に「ディア・ドクター」、最優秀男優賞には高良健吾、渡辺大知、女優賞には満島ひかりが選ばれた。9回目となる2017年には作品賞に「散歩する侵略者」「映画 夜空はいつでも再高密度の青色だ」、男優賞に浅野忠信、池松壮亮、女優賞に満島ひかり、長澤まさみが選ばれている。さらに映画界から逸材を発掘するために2000年からコンペティション「TAMA NEW WAVE」を開催。その瞬間最も注目すべき作品を観客自ら選ぶという形で選出、紹介される新しい企画を作り出している。映画の発展、発信を第一に考えたイベントで、映画関係者はもちろん1ファンとして注目したいイベントである。現在では毎年高い注目を集めるイベントだが、制作するのは映画ファンによるボランティア。生粋のファンにより世界中の映画が集められとの時その瞬間に多摩へと集結するファンには堪らないイベントとなっている。

TAMA映画賞授賞式が好きな方はこんなチケットもおすすめ