タリススコラーズ(Tallis Scholars)は、アカペラ演奏専門のイギリスの声楽アンサンブルである。ルネサンスのポリフォニー研究の第一人者として知られ、日本でも全日本合唱コンクールの審査員を務めるピーター・フィリップスにより1973年に設立された。以降指揮者はピーターが務めている。男女10名程のメンバー構成で、ルネサンス音楽や宗教合唱曲、ミサ曲などを中心としてレパートリーを持つ。1994年にミケランジェロのフレスコ画修復完成を祝う記念行事で、システィーナ礼拝堂にて演奏を披露。1998年には結成25周年を祝してロンドンナショナルギャラリーにてタヴナーの新作を演奏。2017年には来日公演が決定しており、日本のタリススコラーズファンも大きな期待を寄せている。

タリススコラーズの日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

タリススコラーズについて

タリススコラーズの魅力とは

タリススコラーズは、日本でも活動する指揮者のピーター・フィリップスにより創設された、アカペラのみを扱うイギリスの声楽アンサンブルだ。イギリスを始め、世界各国さまざまな式典で演奏しており、ビートルズのポールマッカートニーと競演するなど大きな話題となった。

これまでにレーベルGimmelから多数の録音をリリースしており、2013年には結成40周年を記念してスペシャルCDをリリース。グラモフォン誌のレコード・オヴ・ジ・イヤー賞を始め、フランスのディアパゾン誌からディアパゾン・ドール・ド・ラネー賞、アーリー・ミュージック賞と数多くの賞を受賞している。

またクラシックFMの視聴者投票による、ピープルズ・チョイスにも選出された経験を持ち、広い層から高い支持を得ていることが伺える。2017年には通算15度目となる来日公演が決定。特別プログラムとしてTaverner「Leroy Kyrie」、「Missa Western Wind 」、Allegri「Miserere 」、Part「The Woman with the Alabaster Box」などが演奏される。世界屈指の歌声を生で聴くチャンスだ。

タリススコラーズが好きな方はこんなチケットもおすすめ