焚吐(TAKUTO)は東京出身、ビーイングに所属するシンガーソングライターである。1997年生まれの焚吐(TAKUTO)は小学生の時にギターを始め、作曲を開始、既にストックしている曲は100曲にのぼっている。2012年に現在所属している事務所ビーイング主催の「トレジャーハント~ビーイングオーディション2012~」に参加。その独特の世界観と透明感を持った歌声で審査員特別賞を受賞した。2015年には「オールカテゴライズ」がTBS系テレビアニメ「ヤングブラックジャック」のエンディングテーマに抜擢。これがデビュー曲だったこともあり話題となった。その後、焚吐(TAKUTO)はワンマンライブなども成功させ、今後の活躍に期待が寄せられている。

焚吐(TAKUTO)の日程

4人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

焚吐のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 00:00更新)

焚吐(TAKUTO)について

焚吐(TAKUTO)とは

東京出身、ビーイングに所属するシンガーソングライター焚吐(TAKUTO)。2012年に現在所属している事務所ビーイング主催の「トレジャーハント~ビーイングオーディション2012~」に参加し、その独特の世界観と透明感を持った歌声、そしてその整った顔立ちで審査員特別賞を受賞した。
2015年には「オールカテゴライズ」がTBS系テレビアニメ「ヤングブラックジャック」のエンディングテーマに抜擢され、これがデビュー曲だったこともあり話題を集めると翌年には2ndシングル「ふたりの秒針」が日テレ系の人気テレビアニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマに起用。期待の大型新人としてその名が知られることとなった。

その後、初のワンマンライブ「リアルライブ・カプセルVol.0」を開催。タワーレコード池袋店で限定リリースされた「人生は名状し難い」のリリース記念として、アコースティックライブ「ノンブレス・ノンリプレスライブ」を20日間で60公演に渡り敢行。
2016年にはレギュラーラジオ番組「MUSIC ARROWS ~僕の声、ちゃんと聞こえてますか?~」の放送が開始、11月には2度目のワンマンライブとなる「リアルライブ・カプセルVol.1」も予定しており今後の活躍に期待が寄せられている。

焚吐(TAKUTO)が好きな方はこんなチケットもおすすめ