TAKUROは、1994年にメジャーデビューし日本のロックシーンを牽引してきたロックバンド・GLAY(グレイ)のギタリストだ。GLAYのリーダーを務め、メインコンポーザーとしてほとんどの楽曲の作詞作曲を行うとともに、これまで渡辺美里中島美嘉などの人気アーティストに楽曲を提供してきた。2009年には、ロックバンドC4のTOKIとプロジェクトバンド「STEALTH」を立ち上げ、アルバムリリースとライブ活動を行っている。2016年12月には、B’z松本孝弘をプロデューサーに迎え、ソロ・インストアルバム「Journey without a map」を発表し、本格的にソロプロジェクトを始動する。ジャズ・ブルースをベースにしたTAKUROの情感あふれるレスポールギターの音色を堪能してほしい。

TAKUROの日程

44人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

TAKUROについて

日本ロックシーンの最高峰バンドGLAYのギタリスト、TAKUROの魅力とは

1990年代から日本のロックシーンのフロントランナーとして活躍してきたロックバンドGLAYは、20万人もの観客を集めた伝説的コンサート「GLAY EXPO 99 SURVIVAL」で知られ、数々のミリオンセールスを記録するなど、人気・実力とも日本のロックバンドの頂点に立ってきた。
GLAYのリーダーを務めるTAKUROは、ギタリストとしてバンドを支えるとともに、メインコンポーザーとして「HOWEVER」「誘惑」「SOUL LOVE」「BE WITH YOU」「Winter,again」「とまどい/SPECIAL THANKS」などのミリオンセラー曲を書いてきた。
1997年に発売した初のベストアルバム「REVIEW-BEST OF GLAY」は、売り上げ日本記録を更新する爆発的なヒットを記録。プロデューサーとしても活動するほか、ギタリストとしてC4のTOKIとプロジェクトバンド「STEALTH」に参加し、ライブ活動やアルバム制作を行っている。
2016年にはB'zの松本孝弘をプロデューサーに迎え、ロサンゼルス在住のトップミュージシャンと1stソロインストアルバム「Journey without a map」を完成させ、2017年2月から初のソロプロジェクト・ファーストツアーを敢行する。ギタリストとして進化し続けるTAKUROのブルージーで華麗なギターワークを楽しんでほしい。

TAKUROが好きな方はこんなチケットもおすすめ