田北志のぶは、キエフバレエ団でソリストを務める名バレエダンサーだ。 過去にサカモト・ミュージック・スクールにて本田世津子に師事している。16歳の時にキエフバレエで教師を務めるアラ・ラゴダに見出され、キエフ・バレエ団芸術監督であるビクトル・ヤレーメンコ、ボリショイ劇場芸術監督アレクセイ・ラトマンスキーらと共演。キエフの「ジゼル」で見事全幕デビューを果たすこととなった。その後1993年にはウクライナ国立オペラ・バレエ劇場に入団。ソリストに抜擢されると、この世界的に有名なキエフバレエ団で「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」などに出演し活躍している。

田北志のぶの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

田北志のぶの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

田北志のぶのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/19 18:00更新)

田北志のぶについて

田北志のぶの魅力とは

ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場に入団し、リーディングソリストとして20年以上に渡り活躍してきた田北志のぶ。「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」などの作品に出演し、高い評価を獲得した。2016年にバレエ団を退団して日本に帰国、「継承と育成」というテーマを掲げる公演シリーズ「BALLET TRADITON」のプロデュースなどで活動を続けている。これまでにウクライナ政府よりウクライナ功労芸術家、文化功労章を授与されており、「ラ・シルフィード」、「シェヘラザード」、「ドン・キホーテ」、「クリスマスの前夜」など数多くのレパートリーを持つ日本人バレエダンサーとして貴重な存在と言えるだろう。

2017年3月には「田北志のぶプロデュース公演 第3回BALLET TRADITON」を開催。マリインスキー・バレエのプリンシパルとして知られるイーゴリ・コルプを迎え「シェヘラザード」全幕、「ロミオとジュリエット」より「パドドゥ」、「海賊」より「花園の場」、「Nostalgia」などを上演する。この公演のオーディションは、田北志のぶによるワークショップ形式でおこなわれるとあって注目を集めている。世界的に評価の高い彼女のプロデュース公演、是非1度足を運んでもらいたい。

田北志のぶが好きな方はこんなチケットもおすすめ