タケカワユキヒデはシンガーソングライター、作曲家である。人気バンド、ゴダイゴのメインボーカルを務めており、ほぼ全てのシングル曲の作曲を担当していた。。1975年に全曲英詞のアルバム「走り去るロマン」でソロアーティストとしてデビュー、翌年1976年には以前から活動を共に行っていたミッキー吉野とゴダイゴを結成する。その後はヒット作を連発し「ガンダーラ」や「モンキーマジック」、「銀河鉄道999」は現在でも多くの人々に愛されている名曲だ。ゴダイゴ解散後も歌手、作詞家、コメンテーターなどマルチに活躍している。2016年には64歳になり破瓜を迎え益々円熟味を増したタケカワユキヒデの歌声をお楽しみいただきたい。

タケカワユキヒデの日程

31人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

タケカワユキヒデの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

タケカワユキヒデのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/25 18:00更新)

タケカワユキヒデについて

タケカワユキヒデの魅力とは

タケカワユキヒデは有名バンド、ゴダイゴのメンバーでありメインボーカルを務めている。1970年代にゴダイゴは代表曲「ガンダーラ」、「モンキーマジック」、「ビューティフルネーム」、「銀河鉄道999」などを発表し大人気バンドへと成長する。特に、日本テレビで放送されたドラマ「西遊記」の主題歌・エンディングテーマに抜擢された「モンキーマジック」「ガンダーラ」は7週間にわたり2曲同時にトップ10にランクインをするという偉業を達成した。

1985年にゴダイゴを一旦解散したあとも、タケカワユキヒデは作曲、音楽プロデューサー、ライブ活動、公演、テレビ番組の司会、コメンテーター、分筆など、様々な活動に挑戦し、1994年にはダイワハウスのCMソング「僕たちの愛」を発表、1999年には1男5女の大家族っぷりからベストファーザー賞受賞、「天才てれびくん」の音楽プロデューサー、TBSラジオ「こども電話相談室」にレギュラー出演するなどマルチに活躍していった。

いまなお現役として活躍を続けるタケカワユキヒデの歌声をチケットを手に入れてぜひ会場で聴いていただきたい。

タケカワユキヒデが好きな方はこんなチケットもおすすめ