竹原ピストルとは、「竹原和生」の名でも活動しているミュージシャン、俳優である。外見は髭面で強面、Tシャツにスニカーが基本装備のいかつい風貌の彼だが、彼の書く歌詞は泥臭く乱暴だが繊細で、その中で光を見つける内容のものが多い。それらをうまく表現したリアルな世界観がファンや同じアーティストから共感され、愛されている。2006年に熊切和嘉監督による映画「青春☆金属バッド」で主役となる難馬邦秋役を演じて俳優デビューを果たすと、以降俳優としても活動を行うようになる。決してキラキラしたオーラを持ったタレントではないが、大人の渋くかっこいい魅力でファンの心を掴んでいる。彼にしか出せない味に、これからも注目したい。

竹原ピストルの日程

259人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

竹原ピストルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/2 18:00更新)

竹原ピストルとは

竹原ピストルについて

竹原ピストルとは、千葉県千葉市出身のミュージシャン、歌手、ギタリスト、俳優のことである。「竹原和生」の名前で活動することもある。1976年12月27日生まれの彼は芸能事務所、オフィスオーガスタに籍を置いて活動している。

1999年に、道都大学の同級生であった濱埜宏哉と2人組フォークバンド「野狐禅(やこぜん)」を結成すると、ボーカル、ギターを務め、シングル7枚にアルバムを5枚リリースした。曲タイトルには「便器に頭を突っ込んで」や「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」など刺激的なものが多く、放送自粛となることもあったが、自分の絶望的な生活の中に、わずかながらの希望を見出す歌詞が人気となり、活動中はスガシカオや笑福亭鶴瓶などの芸能人、アーティストから好評価を得ていた。特に、松本人志からは「こういうのが売れないといけない」とまで言われるようになっていた。

2009年にバンドが解散した後は、一度オフィスオーガスタを離れてソロとして活動をするようになる。前述の通り彼を気に入り、彼の為に悔し涙まで流した松本人志に起用された「さや侍」では出演と共に主題歌までを担当し、大活躍した。ミュージシャンに俳優と、様々な顔を持つ表現者から目を離せない。

竹原ピストルが好きな方はこんなチケットもおすすめ