高嶋ちさ子は、タレントとしても名の知られるヴァイオリニストである。桐朋学園大学音楽学部卒業後、91年イェール大学音楽学部大学院に入学。卒業後、1994年にマイアミのオーケストラ、ニュー・ワールド・シンフォニーに入団。1997年に帰国し、本格的に日本で活動を開始する。2006年には、クラシックヴァイオリンをもっと身近に知ってもらうために構成された女性ヴァイオリニストたちのユニット「12人のヴァイオリニスト」のプロデュースにも携わっており、このユニットとともに全国各地を回るツアーも行ってきた。また、毒舌なキャラクターが話題となり、テレビやラジオ番組の出演、本の執筆などマルチに活躍している。今後も彼女の活躍から目が離せない。

高嶋ちさ子の日程

652人が登録中

あと10日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

愛知県芸術劇場他14会場

焼津文化会館

桶川市民ホール他5会場

東京国際フォーラム

日本武道館

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

高嶋ちさ子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/15 12:00更新)

高嶋ちさ子について

高嶋ちさ子の魅力とは

高嶋ちさ子は、テレビやラジオなどでも活躍している人気ヴァイオリニストだ。6歳からヴァイオリンを始め、これまでに徳永二男、江藤俊哉、ショーコ・アキ・アールなどに師事。1995年にCDデビューし、1997年には本拠地を日本に移す。軽部真一アナウンサーとの共同プロデュースにより始まった「めざましクラシックス」は、公演回数200回以上を誇る人気コンサートとなっている。

2006年のデビュー10周年という節目に「12人のヴァイオリニスト」をプロデュース。これは、多くの人達がクラシック音楽、ヴァイオリンという楽器を身近なものとして感じてもらうことや実力のある若手演奏家たちを発掘して支援するという2つの目的を持ったプロジェクト。観ても、聴いても、美しく、そして楽しいヴァイオリン・アンサンブルとして活動している。

さらには、歯に衣着せぬ発言や元気なキャラクターが評価され、ヴァイオリニストとしての活動のみならずテレビやラジオ番組などのメディア出演も数多くこなす。お茶の間で彼女の姿を見たことのない人は少ないだろう。その他執筆活動なども行うなど、その活動の場は多岐に渡る。音楽活動にタレント活動に大忙しの彼女だが、これからの活躍に注目だ。

高嶋ちさ子が好きな方はこんなチケットもおすすめ