1914年に初公演、以降は絶大な人気を集めチケットは常に完売、未婚の女性だけで構成された劇団「宝塚歌劇団」は日本人なら誰もが知る歌劇団である。年間公演数はおよそ1300回にも及び、観客動員数はおよそ250万人にもなる。歌劇団員であるおよそ400人は「」「」「」「」「」の5組に振り分けられ、さらにはいずれの組にも属さない専科も存在している。さて、この各組のスターが総出演、普段の劇場ではあり得ない組み合わせをみることができるイベントが「タカラヅカスペシャル」である。過去の名作に扮した場面が用意されていたり、男役スターと別組の娘役を実験的に組ませたり、チケットを手にしたファンにはたまらない内容である。こうしたイベントで組んで、その後に実際にコンビとなった例もある。

タカラヅカスペシャル2016の日程

2,884人が登録中

すべての公演 出品中 (330) リクエスト中 (16)

もっと見る(75件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

タカラヅカスペシャルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

「タカラヅカスペシャル」について

「タカラヅカスペシャル」の魅力とは

「タカラヅカスペシャル」は、基本的には年1回行われるイベントである。もともとは「TMP音楽祭」という名称であり、その後「TCAスペシャル」となり現在の「タカラヅカスペシャル」に改称されいる。2008年から2011年にかけては梅田芸術劇場において毎年年末の12月に行われた。2014年は100周年ということもあり「宝塚歌劇100周年フィナーレイベント・タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」と称して公演された。

タカラヅカスペシャルの歴史は、1921年の大正時代まで遡る。宝塚歌劇団は女性だけで構成された歌劇団で、初公演は1914年にであった。その後歌劇団の専門誌「歌劇」が創刊されるようになり、読者との交流を目的とした「歌劇愛読者大会」が開催されるようになった。また「宝塚グラフ」が創刊されると同じく「宝塚グラフ愛読者大会」も開催され、その2つの大会が合同で開催されるようになったのが始まりだという。

「タカラヅカスペシャル」の見所は、普段は「花」「月」「雪」「星」「宙」の5組に分かれているメンバーが、組を超えて出演するということだ。観客が一体となって参加できる場面や、1世紀を超える歴史の中で歌い継がれてきた楽曲にも注目!1年に1度の感謝祭、今年はどんなショーを見ることができるのだろうか。

タカラヅカスペシャル2016が好きな方はこんなチケットもおすすめ