宝塚歌劇団とは、現在の阪急阪神東宝グループの創業者である小林一三が、1913年に結成した宝塚唱歌隊が宝塚歌劇団の前身です。第一回公演の演目は桃太郎をモチーフとした歌劇『ドンブラコ』で、1914年4月1日に宝塚新温泉のプールを改装した舞台で行われました。現在では主に兵庫県宝塚市の宝塚大劇場、東京都千代田区の東京宝塚劇場で公演が行われています。未婚の女性だけで構成されていることが最大の特徴で、男役と娘役に分かれてお芝居やレビューを繰り広げています。現在では娘役より男役のほうが圧倒的に人気が高く、舞台構成は男役トップスターが中心となっています。宝塚歌劇団は、花組月組雪組星組宙組の5組にわかれており、チケットキャンプでは組ごとの人気公演はもちろん、ディナーショーなどの人気プレミアムチケットも取り扱ってます。宝塚歌劇団の魅力はなんと言ってもステージに近い迫力の前方良席で観賞です。チケットキャンプならそんな夢の最前列チケットをリクエストして入手することもできるかも。安心安全のチケット売買で宝塚歌劇団をもっと楽しみましょう。

宝塚歌劇団人気のチケットランキング

あ〜お

  • 宝塚歌劇団の明日海りお ディナーショーのチケットを多数取り扱い中です。 人気の明日海りお ディナーショーのチケットは売り切れ必至!

  • 「ANOTHER WORLD」は、2018年4月から上演される宝塚歌劇団は星組の公演作品。上演会場は2ヵ所となっており、2018年4月から6月初旬までは兵庫県の宝塚大劇場にて、6月後半から7月後半までは東京の東京宝塚劇場…

  • 「ウエストサイドストーリー」は、ブロードウェイミュージカルとして1957年に初演を迎え、以降長きに渡り記憶に残る名作として語り継がれている作品である。アメリカはニューヨークを舞台に対立する2つのアメリカ人グループとそこに…

  • うたかたの恋とはフランス人作家クロード・アネが執筆した小説、およびそれを原作に1983年に初演が迎えられる宝塚歌劇団による舞台公演。19世紀のオーストリアを舞台に若き男女の恋と悲劇を描いた物語。周りから祝福されることのな…

か〜こ

  • 「カンパニー 努力、情熱、そして仲間たち」は、2018年の2月~5月に宝塚大劇場で上演される月組公演である。伊吹有喜の「カンパニー」原作とし、脚本・演出を石田 昌也が担当。月組の珠城りょう、愛希れいかによる主演で開催され…

さ〜そ

  • 「天は赤い河のほとり」は篠原千絵による漫画作品。小学館「少女コミック」誌上にて1995年から2002年まで連載された。第46回小学館漫画賞少女部門を受賞。主人公の鈴木夕梨は日本の女子中学生で志望校の受験に合格したばかりの…

た〜と

は〜ほ

ま〜も

ら〜ろ

  • 礼真琴とは2009年に宝塚歌劇団に入団、2017年には星組2番手スターへと進んでいる注目の宝塚女優である。入団の年に宙組公演にて初出演、以降は星組にて高い存在感を醸し出す人気女優となった。星組のオールラウンダーとも呼ばれ…

宝塚歌劇団 公演情報

宝塚の公演の魅力や見どころは

宝塚と言えば派手なメイクを思い浮かべる方も多いでしょう。宝塚大劇場も東京宝塚劇場も2000人以上を収容する広い劇場のため、遠くからでも演者の顔がはっきりとわかるように濃いメイクになったと言われています。衣装も絢爛豪華で、客席から舞台を見つめていると夢の世界に引き込まれること間違いなしです。

宝塚歌劇団は花組、月組、雪組、星組、宙組の5組に分かれています。それぞれの組にトップスターがおり、組の雰囲気も違います。自分の贔屓の組ができると、宝塚大劇場や東京宝塚劇場以外の地方公演や全国ツアーにも行きたくなってくることでしょう。下級生が成長していく様子も見どころのひとつです。

宝塚ファンについて

劇場に行くと女性客が圧倒的に多いです。若い方もいれば年配の方もいます。お金持ちの娯楽というイメージもあるかもしれませんが、一番安い当日B席は2000円、通常のB席でも3500円ですから特別に高額というわけではありません。

男性ファンも少ないながら確実にいます。夫婦やカップルで来ている人が多いですが、男性同士のグループや男性一人という観客もいますから、男性でも興味があれば堂々と行ってみることをおすすめします。一度観てハマってしまう人も少なくないそうですよ。

宝塚の今後について

100周年の今年、花組トップスター蘭寿とむと雪組トップスター壮一帆、さらに2015年には宙組トップスター凰稀かなめの退団が予定されています。5人中3人のトップスターが入れ替わるということで、新たな風が吹くことが予想されます。

現段階でわかっている予定としては、涼風真世が主演を務めた名作『PUCK』の22年ぶりの再演や、有名アニメ作品『ルパン三世』の舞台化があります。伝統を守りつつ新たな挑戦をしていく様子が見て取れます。すでにハマっている方はもちろん、今まで観に行ったことがないという方もぜひ劇場に足を運んでみてください。生の舞台には映像だけでは味わえない臨場感がありますよ。

宝塚歌劇倶楽部のTwitterをフォローして、新着の宝塚歌劇団の公演情報をチェックしよう!

宝塚のチケット情報のTwitterをフォローして、新着の宝塚チケット情報をチェックしよう!