宝塚歌劇団とは、現在の阪急阪神東宝グループの創業者である小林一三が、1913年に結成した宝塚唱歌隊が宝塚歌劇団の前身です。第一回公演の演目は桃太郎をモチーフとした歌劇『ドンブラコ』で、1914年4月1日に宝塚新温泉のプールを改装した舞台で行われました。現在では主に兵庫県宝塚市の宝塚大劇場、東京都千代田区の東京宝塚劇場で公演が行われています。未婚の女性だけで構成されていることが最大の特徴で、男役と娘役に分かれてお芝居やレビューを繰り広げています。現在では娘役より男役のほうが圧倒的に人気が高く、舞台構成は男役トップスターが中心となっています。宝塚歌劇団は、花組月組雪組星組宙組の5組にわかれており、チケットキャンプでは組ごとの人気公演はもちろん、ディナーショーなどの人気プレミアムチケットも取り扱ってます。宝塚歌劇団の魅力はなんと言ってもステージに近い迫力の前方良席で観賞です。チケットキャンプならそんな夢の最前列チケットをリクエストして入手することもできるかも。安心安全のチケット売買で宝塚歌劇団をもっと楽しみましょう。

宝塚歌劇団人気ランキング

公演間近!

あ〜お

  • 可愛さ、格好良さ、そのどちらも身につけた宝塚トップスターがこの朝夏まなとだ。可愛らしい顔立ちでありながら、他の男役でさえもこの朝夏まなとの前では女の子になってしまうと言われるほど、所作から雰囲気までが徹底して紳士な男役だ…

  • 宝塚歌劇団の明日海りお ディナーショーのチケットを多数取り扱い中です。 人気の明日海りお ディナーショーのチケットは売り切れ必至!

  • 阿弖流為(アテルイ)は「火怨 北の燿星アテルイ」を原作とした、宝塚歌劇 星組によるミュージカルだ。阿弖流為は実在の人物で、桓武天皇の時代、東北地方を治めようと朝廷軍と戦った蝦夷の指導者である。物語は大和朝廷が支配を拡大し…

  • オームシャンティオームは、インドのボリウッド映画「恋する輪廻 オームシャンティオーム」を原作とした宝塚歌劇団星組によるミュージカルである。原作は2007年に大ヒットし、世界各地で上映されたインド映画の傑作と名高く、最高に…

  • ALL FOR ONE (1625)
    2,690円/枚〜

    「All for One」は、宝塚歌劇月組が公演するミュージカル。「~ダルタニアンと太陽王~」の副題から分かる通り、フランスの小説家アレクサンドル・デュマの名作「三銃士」が原作となっている。太陽王と呼ばれたルイ14世が治…

か〜こ

  • 神々の土地 (800)
    4,000円/枚〜

    神々の土地は、2017年8月に宝塚歌劇宙組により上演されるミュージカル・プレイだ。脚本・演出を上田久美子が手がけ、宙組トップスターの朝夏まなとが主演を務める。1916年の革命前夜のロシアを舞台に、ロマノフ王朝の黄昏を懸命…

  • CAPTAIN NEMO (347)
    5,700円/枚〜

    「CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…」はジュール・ヴェルヌの海洋SF小説「海底二万里」をベースとした宝塚歌劇団ミュージカルである。「海底二万里」と言えばノーチラス号とネモ船長。今作「CAPTAIN NEMO……

  • 紅ゆずるは、カリスマ的人気を誇った柚希礼音の次に星組男役トップになるのではと期待されるほどのその人気と実力を兼ね備えている宝塚歌劇団星組に所属する男役2番手スターだ。スリムなスタイルと、にクールな目元、ナイーブなルックス…

  • 「琥珀色の雨にぬれて」は1984年に初演された宝塚歌劇団ミュージカルである。フランスを舞台に4人の男女の恋愛模様を描いた作品で、演技力が必要なことから宝塚の中でも難しい公演として知られている作品だ。人気を博したトップコン…

さ〜そ

た〜と

  • 1914年に初公演、以降は絶大な人気を集めチケットは常に完売、未婚の女性だけで構成された劇団「宝塚歌劇団」は日本人なら誰もが知る歌劇団である。年間公演数はおよそ1300回にも及び、観客動員数はおよそ250万人にもなる。歌…

  • 宝塚巴里祭 (70)
    25,000円/枚〜

    宝塚巴里祭とは宝塚歌劇団主催のイベント。年に1度、毎年7月に行われる通常の宝塚の舞台とは違ったものが楽しめる特に宝塚の根強いファンに向けた企画である。その主な内容としてはファンなら誰もが知る宝塚歌劇団の数々の名曲を披露す…

  • 宝塚舞踊会は、歴史ある宝塚歌劇団の中でも55回を超える伝統的かつ本格的な公演だ。宝塚舞踊会の特徴は、日本の心を重んじる「和」をテーマとした演目をおこなっているという点。主に日本舞踊を上演している。かつては毎年開催されてい…

  • 月組 ステージトークは、「宝塚歌劇団」の公式後援会「宝塚友の会」が、会員向けに開催する宝塚歌劇出演者によるトークショーである。「宝塚友の会」の運営は、阪急電鉄株式会社が行っている。開催場所は、宝塚大劇場と東京宝塚劇場の2…

  • 宝塚歌劇団・専科に所属する轟 悠は1985年、花組公演「愛あれば命は永遠に」で初舞台を踏んだ。1997年「真夜中のゴースト/レ・シェルバン」から雪組トップスターに就任。その後、約6年間に渡って雪組トップスターを務めた。2…

  • 宝塚トークスペシャルin東京とは、阪急電鉄が運営する「宝塚友の会」の会員限定のスペシャルイベントのことだ。1〜3か月おきに、宙組、月組、花組、星組、雪組をローテーションで呼んでいるこのイベントは、毎回男役2人に娘役1人の…

は〜ほ

  • 劇場版「はいからさんが通る」は、大和和紀による少女漫画を原作とした2017年公開予定の長編アニメ映画作品である。原作連載40周年を記念し、前・後編の2部作として制作、順次公開予定となっている。時は大正、女性の社会的な地位…

  • 「ハンナのお花屋さん」は植田景子作・演出のミュージカル。宝塚歌劇団の花組の演目である。主演は明日海りお、仙名彩世だ。ロンドンの閑静な高級住宅地ハムステッドヒースにある花屋。デンマーク人のフラワーアーティスト、クリス・ヨハ…

  • 幕末太陽傳 (2687)
    3,000円/枚〜

    幕末太陽傳は、宝塚歌劇雪組が2017年4月から7月にかけて上演するミュージカル・コメディだ。1957年に公開された川島雄三監督による日活映画「幕末太陽傳」を原作に、小柳 奈穂子が脚本・演出を試みる。映画「幕末太陽傳」は、…

  • ひかりふる路 (29)
    6,000円/枚〜

    「ひかりふる路」は宝塚雪組により行われる舞台で、2017年11月から宝塚大劇場で公演される。雪組の新トップとなる望海風斗と真彩希帆の宝塚大劇場お披露目となる「ひかりふる路」、「ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅…

  • ベルリン わが愛 (57)
    4,000円/枚〜

    ナチス台頭中の映画の都、ベルリンで奔走した人々を描きだしたミュージカル作品が「ベルリン わが愛」だ。主役を務める星組男役トップスターの紅 ゆずるは、トップスター就任以前からその圧倒的存在感で目立っていた。セリフを発してい…

  • 「鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKA」は、2017年11月大阪・芸術劇場を皮切りに全国11ヵ所で上演される宝塚歌劇月組の全国ツアーである。18世紀ヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴッツィによって書かれた寓話劇「トゥ…

ま〜も

  • 美弥るりか ディナーショーは、宝塚歌劇団所属の美弥るりかが出演し、2017年に宝塚ホテルで開催されるディナーショーである。同年に宝塚歌劇団の舞台である「グランドホテル」に出演、新生月組の2番手として華々しいデビューを飾る…

  • ミュージックパフォーマンスは宝塚歌劇団の月組によるディナーショーのことである。2015年に2日間に渡り開催された。その時のキャストは構成・演出を小柳奈穂子、出演者は愛希れいか、響 れおな、宇月 楓、貴千 碧、煌月爽矢であ…

宝塚歌劇団 公演情報

宝塚の公演の魅力や見どころは

宝塚と言えば派手なメイクを思い浮かべる方も多いでしょう。宝塚大劇場も東京宝塚劇場も2000人以上を収容する広い劇場のため、遠くからでも演者の顔がはっきりとわかるように濃いメイクになったと言われています。衣装も絢爛豪華で、客席から舞台を見つめていると夢の世界に引き込まれること間違いなしです。

宝塚歌劇団は花組、月組、雪組、星組、宙組の5組に分かれています。それぞれの組にトップスターがおり、組の雰囲気も違います。自分の贔屓の組ができると、宝塚大劇場や東京宝塚劇場以外の地方公演や全国ツアーにも行きたくなってくることでしょう。下級生が成長していく様子も見どころのひとつです。

宝塚ファンについて

劇場に行くと女性客が圧倒的に多いです。若い方もいれば年配の方もいます。お金持ちの娯楽というイメージもあるかもしれませんが、一番安い当日B席は2000円、通常のB席でも3500円ですから特別に高額というわけではありません。

男性ファンも少ないながら確実にいます。夫婦やカップルで来ている人が多いですが、男性同士のグループや男性一人という観客もいますから、男性でも興味があれば堂々と行ってみることをおすすめします。一度観てハマってしまう人も少なくないそうですよ。

宝塚の今後について

100周年の今年、花組トップスター蘭寿とむと雪組トップスター壮一帆、さらに2015年には宙組トップスター凰稀かなめの退団が予定されています。5人中3人のトップスターが入れ替わるということで、新たな風が吹くことが予想されます。

現段階でわかっている予定としては、涼風真世が主演を務めた名作『PUCK』の22年ぶりの再演や、有名アニメ作品『ルパン三世』の舞台化があります。伝統を守りつつ新たな挑戦をしていく様子が見て取れます。すでにハマっている方はもちろん、今まで観に行ったことがないという方もぜひ劇場に足を運んでみてください。生の舞台には映像だけでは味わえない臨場感がありますよ。

宝塚歌劇倶楽部のTwitterをフォローして、新着の宝塚歌劇団の公演情報をチェックしよう!

宝塚のチケット情報のTwitterをフォローして、新着の宝塚チケット情報をチェックしよう!