宝塚歌劇団とは、現在の阪急阪神東宝グループの創業者である小林一三が、1913年に結成した宝塚唱歌隊が宝塚歌劇団の前身です。第一回公演の演目は桃太郎をモチーフとした歌劇『ドンブラコ』で、1914年4月1日に宝塚新温泉のプールを改装した舞台で行われました。現在では主に兵庫県宝塚市の宝塚大劇場、東京都千代田区の東京宝塚劇場で公演が行われています。未婚の女性だけで構成されていることが最大の特徴で、男役と娘役に分かれてお芝居やレビューを繰り広げています。現在では娘役より男役のほうが圧倒的に人気が高く、舞台構成は男役トップスターが中心となっています。宝塚歌劇団は、花組月組雪組星組宙組の5組にわかれており、チケットキャンプでは組ごとの人気公演はもちろん、ディナーショーなどの人気プレミアムチケットも取り扱ってます。宝塚歌劇団の魅力はなんと言ってもステージに近い迫力の前方良席で観賞です。チケットキャンプならそんな夢の最前列チケットをリクエストして入手することもできるかも。安心安全のチケット売買で宝塚歌劇団をもっと楽しみましょう。

宝塚歌劇団人気ランキング

公演間近!

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

あ〜お

  • 可愛さ、格好良さ、そのどちらも身につけた宝塚トップスターがこの朝夏まなとだ。可愛らしい顔立ちでありながら、他の男役でさえもこの朝夏まなとの前では女の子になってしまうと言われるほど、所作から雰囲気までが徹底して紳士な男役だ…

  • 宝塚歌劇団の明日海りお ディナーショーのチケットを多数取り扱い中です。 人気の明日海りお ディナーショーのチケットは売り切れ必至!

  • 阿弖流為(アテルイ)は「火怨 北の燿星アテルイ」を原作とした、宝塚歌劇 星組によるミュージカルだ。阿弖流為は実在の人物で、桓武天皇の時代、東北地方を治めようと朝廷軍と戦った蝦夷の指導者である。物語は大和朝廷が支配を拡大し…

  • A Motion (553)
    4,500円/枚〜

    7代目宙組トップスターとして圧巻のステージパフォーマンスを続けているのは、宝塚歌劇団88期生の朝夏まなとだ。ファンから「まあくん」「まあ坊」「まあ様」などの愛称で親しまれていることから分かるように、男役にふさわしいその容…

  • 「王妃の館 VIVA FESTA」は、宝塚歌劇団宙組によるミュージカル作品である。この物語の舞台はフランスのパリだ。ヴォージュ広場に位置する高級ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」は、実は深刻な経営危機に陥っていた。そこ…

  • オームシャンティオームは2017年に公演される、ボリウッド映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」原作の宝塚舞台である。2007年にインドにて大ヒットを飛ばした作品が、2016年に宝塚星組トップスターに就任が予定さ…

  • ALL FOR ONE (52)
    4,000円/枚〜

    「All for One」は、宝塚歌劇月組が公演するミュージカル。「~ダルタニアンと太陽王~」の副題から分かる通り、フランスの小説家アレクサンドル・デュマの名作「三銃士」が原作となっている。太陽王と呼ばれたルイ14世が治…

か〜こ

  • 神々の土地 (6)
    16,800円/枚〜

  • 「仮面のロマネスク」は、宝塚歌劇が上演するミュージカル作品だ。原作はコデルロス・ド・ラクロの傑作心理小説「危険な関係」である。この原作では1780年代フランス革命前夜の設定であったが、本作では設定を50年ほどずらした王政…

  • 「CAPTAIN NEMO ネモ船長と神秘の島」とは、宝塚歌劇団雪組で公演されるミュージカル・ファンタジーのことである。主役であるネモ船長を務めるのは、雪組男役スターである彩風咲奈だ。2007年に93期生として首席入団を…

  • 紅ゆずるは、カリスマ的人気を誇った柚希礼音の次に星組男役トップになるのではと期待されるほどのその人気と実力を兼ね備えている宝塚歌劇団星組に所属する男役2番手スターだ。スリムなスタイルと、にクールな目元、ナイーブなルックス…

  • 雪組次期トップスターコンビ、望海風斗と真彩希帆による公演「琥珀色の雨に濡れて」とは、宝塚のミュージカル作品のことである。1984年に高汐 巴と若葉ひろみの主演によってスタートしたこの公演はフランスを舞台としたストーリーが…

さ〜そ

  • 咲妃みゆ (2262)
    3,000円/枚〜

    咲妃みゆは、宝塚歌劇団に所属する女優だ。2008年に第96期生として宝塚音楽学校に入学。2010年に宝塚歌劇団へ入団となり、月組公演の「THE SCARLET PIMPERNEL」が初舞台となっている。月組に配属されると…

  • 早霧せいな (2262)
    3,000円/枚〜

    早霧せいなとは、抜群のルックスとジャンプ力で宝塚ファンを魅了してきた男役トップスターのことである。着実な歩みでトップスターまでのし上がった彼女は、「努力の人」としても評価されている。そんな彼女が宝塚大劇場公演では2017…

  • スカーレット・ピンパーネルは、バロネス・オルツィの小説「紅はこべ」を原作とするミュージカル作品だ。 本作はフランク・ワイルドホーンが作曲し、1997年にブロードウェイで初演された。日本では、 ブロードウェイミュージカルを…

  • 宝塚月組から専科へ組替えし、2016年秋には初のバウ主演作「FALSTAFF」が好評を得た星条海斗。演技力に優れ、豊富な声量を生かした歌も聴きごたえのある、魅力溢れる男役が定評をよぶ。アドリブが冴える星条の舞台は、同じ公…

た〜と

  • 「宝塚巴里祭 」は、毎年7月に開かれる宝塚歌劇による舞台。フランス革命が行われた7月14日は「革命記念日=巴里祭」と呼ばれ、それを記念してディナーショーが行われる。宝塚巴里祭 はディナーショーなので一流フレンチと間近で見…

  • 世界に類を見ない規模で、未婚の女性のみで構成された宝塚歌劇団は、100年以上に及ぶ古い歴史を重んじている劇団としても有名です。またファン層も厚く、3世代に渡って宝塚歌劇団を応援しているということも少なくありません。通常公…

  • 宝塚トークスペシャルin東京とは、阪急電鉄が運営する「宝塚友の会」の会員限定のスペシャルイベントのことだ。1〜3か月おきに、宙組、月組、花組、星組、雪組をローテーションで呼んでいるこのイベントは、毎回男役2人に娘役1人の…

な〜の

  • 長崎しぐれ坂 (381)
    3,800円/枚〜

    長崎しぐれ坂は、2017年5月に上演される宝塚歌劇月組のミュージカル・ロマンだ。新国劇などで活躍した劇作家・榎本滋民の「江戸無宿」を原作とし、植田紳爾が脚色・演出を担当する。2005年に星組の娘役トップスターだった女優・…

は〜ほ

  • 幕末太陽傳 (3000)
    3,000円/枚〜

    幕末太陽傳は、宝塚歌劇雪組が2017年4月から7月にかけて上演するミュージカル・コメディだ。1957年に公開された川島雄三監督による日活映画「幕末太陽傳」を原作に、小柳 奈穂子が脚本・演出を試みる。映画「幕末太陽傳」は、…

  • パーシャルタイムトラベルは、宝塚宙組の公演演目の一つ。脚本及び演出は正塚晴彦が務め、宝塚バウホールにて2017年6月に上演される予定である。2014年に新人公演「白夜の誓い -グスタフIII世、誇り高き王の戦い-」で初主…

  • 創立100周年という記念すべき年を迎え、さらに新たな100年に向けて動き出した宝塚歌劇団。100年もの長きに渡り脈々と受け継がれてきた、宝塚歌劇団の伝統を受け継ぎ誕生する新たなスター。それもすべて熱心なファンがいるからこ…

ま〜も

  • MY HERO (537)
    5,000円/枚〜

    MY HEROとは、宝塚歌劇の花組による公演だ。この物語の舞台となるのは、20世紀末のロサンゼルスである。主人公のノアは、スーツアクターとして活躍していた父の背中を見て育った。下積みを経てトップの座に上り詰めたノア出会っ…

や〜よ

  • 邪馬台国の風 (268)
    3,900円/枚〜

    邪馬台国の風とは、2017年6月から8月にかけて公演予定の宝塚歌劇の事である。主演を務めるのは、宝塚が誇る新トップスター、2003年宝塚劇団入団の「明日海りお」と2008年入団の「仙名彩世」のダブル主演である。花組の男役…

宝塚歌劇団 公演情報

宝塚の公演の魅力や見どころは

宝塚と言えば派手なメイクを思い浮かべる方も多いでしょう。宝塚大劇場も東京宝塚劇場も2000人以上を収容する広い劇場のため、遠くからでも演者の顔がはっきりとわかるように濃いメイクになったと言われています。衣装も絢爛豪華で、客席から舞台を見つめていると夢の世界に引き込まれること間違いなしです。

宝塚歌劇団は花組、月組、雪組、星組、宙組の5組に分かれています。それぞれの組にトップスターがおり、組の雰囲気も違います。自分の贔屓の組ができると、宝塚大劇場や東京宝塚劇場以外の地方公演や全国ツアーにも行きたくなってくることでしょう。下級生が成長していく様子も見どころのひとつです。

宝塚ファンについて

劇場に行くと女性客が圧倒的に多いです。若い方もいれば年配の方もいます。お金持ちの娯楽というイメージもあるかもしれませんが、一番安い当日B席は2000円、通常のB席でも3500円ですから特別に高額というわけではありません。

男性ファンも少ないながら確実にいます。夫婦やカップルで来ている人が多いですが、男性同士のグループや男性一人という観客もいますから、男性でも興味があれば堂々と行ってみることをおすすめします。一度観てハマってしまう人も少なくないそうですよ。

宝塚の今後について

100周年の今年、花組トップスター蘭寿とむと雪組トップスター壮一帆、さらに2015年には宙組トップスター凰稀かなめの退団が予定されています。5人中3人のトップスターが入れ替わるということで、新たな風が吹くことが予想されます。

現段階でわかっている予定としては、涼風真世が主演を務めた名作『PUCK』の22年ぶりの再演や、有名アニメ作品『ルパン三世』の舞台化があります。伝統を守りつつ新たな挑戦をしていく様子が見て取れます。すでにハマっている方はもちろん、今まで観に行ったことがないという方もぜひ劇場に足を運んでみてください。生の舞台には映像だけでは味わえない臨場感がありますよ。

宝塚歌劇倶楽部のTwitterをフォローして、新着の宝塚歌劇団の公演情報をチェックしよう!

宝塚のチケット情報のTwitterをフォローして、新着の宝塚チケット情報をチェックしよう!