宝塚歌劇 雪組は、宝塚歌劇団雪組は、1924年大劇場の開場に合わせて誕生。組名の由来は「雪月花」から。三番目の並びになる。組の特徴としては「日本物の雪組」と言われ特に日本舞踊や所作の美しさを伝統としている。自然、和物の上演も多いが、近年では「エリザベート」を初演した組でもある。雪組出身者・乙羽信子・明石照子・加茂さくら・麻美れい・一路真輝・轟悠等がいる。組カラーは緑。チケットキャンプでは、宝塚の売り切れ公演、舞台目の前の良席チケットを多数取り扱い中。掲示板やオークションよりも便利で安全にチケット売買可能。リクエスト機能で欲しい宝塚チケットの登録もOK。

は〜ほ

  • 「ひかりふる路」は宝塚雪組により行われる舞台で、2017年11月から宝塚大劇場で公演される。雪組の新トップとなる望海風斗と真彩希帆の宝塚大劇場お披露目となる「ひかりふる路」、「ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅…

ま〜も

宝塚歌劇 雪組について

宝塚歌劇のTwitterをフォローして、新着のチケット情報をチェックしよう!