柚希礼音さん出演『地球ゴージャス2018』の会場各ホールを徹底チェック!チケ難必至の公演で穴場はどこの会場?見やすいホールは?

先日、大人気公演『地球ゴージャス2018』への出演が発表された柚希礼音さん。舞台上で可能なあらゆる要素を含んだクリエイティブな舞台『地球ゴージャス』は演劇ファンから人気が高く、しかも柚希さんが出演するということで更にチケット入手が難儀になりそう。そこで、各会場の特徴を掴みながら、よりチケットが手に入りやすそうな会場はどこなのか調べてみました!『地球ゴージャス2018』を少しでもいい席で楽しむために今から予習を始めましょう!

大人気公演『地球ゴージャス』に柚希礼音さんが出演決定!

日本で定期的に公演しているミュージカルといえばもちろん宝塚歌劇団。他に劇団四季や東宝ミュージカル、劇団☆新感線などがあります。

そしてミュージカルファンから強く支持されているミュージカル公演がもうひとつ、「地球ゴージャス」です。

岸谷五朗さんと寺脇康文さんが主宰している劇団で、毎回いろいろなゲスト出演があるのも見どころのひとつ。

固定の出演者は岸谷五朗さんと寺脇康文さんのみ。客演というスタイルをとるということで宝塚OGも多く出演し、これまでにも湖月わたるさん、陽月華さんなどが出演し、去年は蘭寿とむさんも出演しました。

そしてついに我らがレジェンド・柚希礼音さんの出演が決定し、来年の公演に向けて既にファンの期待が高まっています。

しかし、舞台の可能性を最大限に魅せるこの地球ゴージャス公演は演劇ファンから強い支持を受けているので、つまりはチケット獲得が難儀な公演でもあります。

そこで今回は上演が決定している各会場の特徴を掴みながら、よりチケットが取りやすい会場はどこなのか、見やすさなどの点も考慮しつつ穴場となりそうな会場を探っていきたいと思います!

地球ゴージャス公演に関する記事はコチラ

決定済み会場は全国6か所

実力の塊・我らがちえさんの出演の他にも、T.M.Revolutionこと西川貴教さんや、新田真剣佑(あらた まっけんゆう)さんなど、大人気キャストが含まれていることも大きな話題を呼び、西川さんファンや真剣佑さんファンなども大集合することになります。

演劇ホールはコンサートと違ってそれほど大きくない会場ですので、特に土日などは大変なチケット争奪戦が繰り広げられることが予想されます。

まだ公演日程は発表になっていませんが、公演会場は全国6か所が決定しています。

  • 赤坂ACTシアター
  • 刈谷市総合文化センター
  • 福岡サンパレス
  • 広島文化学園HBGホール
  • フェスティバルホール
  • 新潟テルサ

以下にそれぞれのホールの詳細を比較してみましたので、狙いを定める検討材料にしていただき、いざ始まるチケット争奪戦に備えましょう!

赤坂ACTシアター

【所在地】東京都港区赤坂5-3-2(赤坂サカス内)

【アクセス】千代田線「赤坂駅」から徒歩1分/銀座線・南北線「溜池山王駅」から徒歩7分/銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」から徒歩8分

【公式HP】http://www.tbs.co.jp/act/

宝塚歌劇団でも定期的に公演が行われる馴染みのある劇場ですね。やはり東京は交通網が発達しているせいもあり、全国から人が集まりやすく、最も激戦となる会場でしょう。

ちょうど現在もちえさんが『ビリー・エリオット』に出演中です。

宝塚ファンなら多くの方が観劇したことのある会場ですので、改めてご説明するまでもないのですが、座席数は1324席、2008年にできた割と新しい劇場です。

1階席はあまり傾斜がついておらず、特に前方4~5列あたりまでは傾斜が全くなくフラットですので、前に大柄な男性が座ってしまうとちょっとキケン。4~5列目に座るならもう少し後ろの席の方が見やすいかもしれませんね。

チケットも他会場に比べて激戦必至ですので、後方席でも高騰してしまうACTシアターを無理やり買うよりは交通費をかけてでも地方会場に足を運んだほうがいいかもしれません。

刈谷市総合文化センター

【所在地】愛知県刈谷市若松町2丁目104

【アクセス】東海道本線・名古屋鉄道(名鉄)三河線「刈谷駅」 南口より「ウイングデッキ」直結 徒歩約3分

【公式HP】https://kariya.hall-info.jp/index.php?menuID=3

東海地方以外の方は、「え?刈谷市?どこ?」という方も少なくないかもしれません。刈谷市というのは、新幹線で言えば豊橋と名古屋の間にある「三河安城駅」に近い市です。

三河安城から東海道線に乗り換えて刈谷駅で下車、南口からそのまま直結しているという駅チカが嬉しいですね。リニューアルしたのは2010年ですので、非常に近代的で綺麗なホールになっています。

今年の7月には水夏希さんが、8月には壮一帆さんもこちらでの公演に出演されています。

座席数は1541席。ACTシアターより少し多いですね。写真で見る感じですと1階席もかなり傾斜がついているようなので、とても観やすそうです。

東京よりも敷地が広く取れるので、立地面積に無理やり納める必要がなく、観やすさ重視で設計できるのかもしれません。

新幹線から1回乗り換え、でも駅チカで見やすさ抜群の会場ということでかなりオススメな会場と言えそうです!

福岡サンパレス

【所在地】福岡県福岡市博多区築港本町2番1号

【アクセス】公式HP (電車&バス利用)

宝塚歌劇の全国ツアーにおける福岡公演と言えばこちらの会場。九州在住の宝塚ファンにはお馴染みのホールだと思います。

35年以上の歴史がある古い建物ですが海のすぐそばにある爽やかなホールです。ホテルも併設しているので遠征組はそのまま宿泊もできますが、海沿いということでどうしても公共アクセスがバスしかない点が残念。

しかし、3階席まであって総座席数が2316席。

アクセスの不便さをポジティブに捉えれば、敬遠されやすい会場とも言えます。他の会場より多くの人を収容できる面と併せて、チケットの取りやすい会場と言えるでしょう。

1階・2階・3階ともに全体的に傾斜がついているようなので、見やすい会場でもあるようですね。ホテルや結婚式場もある大きな施設で駐車場が広いようなので、マイカーをお持ちの方はお車で行ってもいいかもしれません。

文化学園HBGホール(広島)

【所在地】広島県広島市中区加古町3-3

【アクセス】

  • JR「広島駅」下車 > 広島バス24号線 吉島病院又は吉島営業所行き乗車(約25分) > 加古町バス停下車 > 徒歩1分
  • JR「広島駅」下車 > タクシー(南口約15分/北口(新幹線)約25分)
  • JR「横川駅」下車 > 広島電鉄 江波行き乗車(約15分) > 舟入町電停下車 > 徒歩 約5分

【公式HP】https://h-bkk.jp/hall/

こちらも宝塚の全国ツアーで利用されるホールで、月組の次回全国ツアー『鳳凰伝/CRYSTAL TAKARAZUKA』もこちらのホールで公演されます。

座席数は2001で、東京と愛知に比べればかなり大きいホールですが、ステージに向かって内側に湾曲した造りになっているため、端の座席でも見やすい点が特長ではないでしょうか。

こちらも駅からバスに乗る必要があったり、座席数が多いということ、東名阪ではなく広島ということもあり、他の会場に比べれば割とチケットが取りやすく、穴場と言っていいホールでしょう。

時間に余裕がある方は、遠征ついでに観光したりお好み焼きなどを食べたりして、素敵な遠征旅行となりそうですよね。

フェスティバルホール(大阪)

【所在地】大阪府大阪市北区中之島2丁目3番18号

【アクセス】

  • 地下鉄四つ橋線肥後橋駅4番出口直結
  • 京阪中之島線渡辺橋駅12番出口直結
  • 地下鉄御堂筋線・京阪本線淀屋橋駅より徒歩約5分
  • JR東西線北新地駅より徒歩約8分
  • JR大阪駅より徒歩約11分

【公式HP】http://www.festivalhall.jp/

2012年にリニューアルしたばかりの新しいホールになります。大阪で宝塚の別箱公演をする際はほとんどが梅田芸術劇場なので、宝塚ファンにはあまり馴染みのないホールかもしれません。

ホールへの途中にはこんな大きな赤い大階段がありますので、つい宝塚ファンなら右手に何かを持って左手はまるでリボンの端を持つようにして無意味に満面の笑顔で足元を見ずに降りる遊びをしたくなりますよね。

危険なのでデュエダンごっこは避けましょう(^^;

総座席数はなんと2700席。赤坂ACTシアターの2倍になりますので、客席数が多ければもちろんチケットが多くの人に行き渡りやすくなるということですが、同時に気になるのがステージの見え方。

公式HPにて座席からの見え方を載せてくれていますので、じっくりチェックしてみましょう。

【フェスティバルホール座席表】

アクセスも良し、席数も最大、大階段ごっこもできる(笑)ということで、大阪遠征が可能な方はフェスティバルホールにターゲットを定めてみるといいかもしれませんね。

ただ、演者の細かな表現を堪能する演劇を見るには少し大きすぎるホールになりますので、後方や2階席・3階席だとちょっと心配な点もあります。

ちえさんをひたすらじっくりロックオンしたい!というより、地球ゴージャスという公演自体を堪能したい!という方には最適の会場ではないでしょうか。

新潟テルサ

【所在地】新潟県新潟市中央区鐘木185番地18

【アクセス】新潟駅または亀田駅からバス

【公式HP】http://www.n-terrsa.jp/facility/hall.php

宝塚の全国ツアーでもなかなか新潟まで行くことが少なく、宝塚ファンにはあまり馴染みのないホールです。駅からもバスに乗る必要があり、今回の地球ゴージャス公演で最もマニアックな会場と言っていいかもしれません。

客席数は1510席ですので大きさも程よく、この公演で唯一2階席・3階席のないホールです。

画像を見る感じですと、傾斜が少し緩いかな…?という気もしますが、訪れた人の感想を見てみると「見やすい!」という声の方が多く聞こえます。

アクセスの不便さだけを除けば、チケットの取りやすさ、ステージの見やすさなどから、これぞ穴場の会場と言えるでしょう。

最初で最後かも?ちえさんの地球ゴージャス出演をお見逃しなく!

来年4月9日からという先の話ながら、今から狙いを定めておいても早すぎないほどの人気公演、地球ゴージャス

岸谷五朗さんと寺脇康文さんという、舞台をこよなく愛す超実力派2人の演出・出演というだけでも絶対に楽しい舞台になること間違いなしです。

そこに柚希礼音さんという超実力派がまた加わることで、私たちがよく知るレジェンド・ちえさんをどんな風に演出してくれるのか、他キャストとどんな化学反応が起こるのか、ぜひ体感しに行きましょう!

柚希礼音さん関連記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。