宝塚歴代雪組の娘役で最も印象に残る娘役5人とは?

宝塚歌劇団の歴代雪組の娘役の中には、数々の才能あふれる魅力的なスターがいました。ここでは、歴代の雪組の娘役の中から、最も印象に残る5人の娘役スターに注目し、それぞれの舞台や性格の魅力についてご紹介します。

宝塚歌劇団の歴代雪組の娘役の中には、数々の才能あふれる魅力的なスターがいました。

ここでは、歴代の雪組の娘役の中から、最も印象に残る5人の娘役スターに注目し、それぞれの舞台や性格の魅力についてご紹介します。

そして、彼女らのエピソードも紹介しちゃいます。ぜひとも最後までお付き合いくださいね。

雪組トップ娘役・咲妃みゆ

咲妃みゆさんは、96期生として入学し、宝塚歌劇団雪組の娘役トップスタートして活躍しました。

2010年に入団して、『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』で初舞台を踏んだ後、2012年には「ロミオとジュリエット」でヒロインを演じ、2014年に雪組の娘役トップに就任しましたよね。

宝塚では、なんと「ルパン三世―王妃の首飾りを追え!―」も上映されています♪咲妃みゆさんは、マリーアントワネット役!プリンセスの役なのですよね~姫とみまごう咲妃みゆさんにぴったりです♪

雪組トップ娘役・愛加あゆ

愛加あゆさんは、91期生として入学し、宝塚歌劇団雪組の娘役トップスタートして活躍しました。

2005年に入団して、花組公演の『マケラシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』で初舞台を踏んだ後、2012年には雪組の娘役トップに就任し、「若き日の唄は忘れじ/Shining Rhythm!-新たなる誕生」でお披露目公演を行った。

雪組トップ娘役・舞羽美海

舞羽美海さんは、93期生として入学し、宝塚歌劇団雪組の娘役トップスタートして活躍しました。

2007年に入団して、星組公演の『さくら/シークレット・ハンター』で初舞台を踏んだ後、2011年には雪組の娘役トップに就任し、「黒い瞳 ロックオン」でお披露目公演を行いましたよね♪

“舞”という名前は、踊ることが好きだったから、つけたそうです♪小学校時代から、宝塚にあこがれていて、ようやくなれたタカラジェンヌで、トップに就任します。現在は退団して女優として活躍されているので、見る機会が多くなってうれしいですね♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。