抱腹絶倒!宝塚歌劇団雪組「ルパン三世」アドリブまとめ

宝塚歌劇団101週年目の幕開け公演として、雪組新トップコンビの早霧せいなさん・咲妃みゆさんの大劇場お披露目公演として大絶賛公演中の「ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-/ ファンシー・ガイ!」。宝塚の世界観と、ルパン三世の色あせぬ魅力が最大限にマッチして、宝塚の歴史に残る名作となりました。

宝塚歌劇101週年目の幕開け公演として、雪組新トップコンビの早霧せいなさん・咲妃みゆさんの大劇場お披露目公演として大絶賛公演中の「ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-/ ファンシー・ガイ!」。宝塚の世界観と、ルパン三世の色あせぬ魅力が最大限にマッチして、宝塚の歴史に残る名作となりました。

この公演をより魅力的にしているのが、毎日何が飛び出るかわからないアドリブです。まるで楽しいルパン一味の世界観そのもののこのアドリブは、初めて見る人もリピーターも楽しめることまちがいなし。

今回は、ルパン三世を見る上で欠かせないアドリブの見どころを紹介します。

宝塚・雪組生として初登場の望海風斗さんと早霧せいなさんの掛け合い

一番の見所が、早霧せいなさん演じるルパンと、望海風斗さん演じるカリオストロ伯爵との掛け合いではないでしょうか。この公演から雪組生となり、これからの活躍が益々楽しみな望海風斗さん。だいもんは花組でもアドリブの名手として活躍していましたが、どうやら早霧せいなさんのアドリブには踊らされてしまっているようです。そのタジタジな姿も、可愛いと話題です。

特に可愛かったのは、

という初夢アドリブ。

他にも、

という名前ネタも今後増えてきそうです。

他にも、髪の毛をいじったりしりとりを仕掛けたり…と自由奔放。季節ネタや貸し切り公演ネタなどこれからも毎日違うアドリブで楽しませてくれそうな場面です。

とにかく自由!宝塚・早霧せいなさんのアドリブ

セリフだけでなく、ジェスチャーでのアドリブも見どころ。早霧せいなさんは、2012年の公演「JIN」でも、坂本龍馬の姿で面白おかしいアドリブを披露していたのが記憶に新しいですね。

そんな早霧せいなさんのジェスチャーアドリブの見どころは、鏡の回廊においてレーザーをすり抜ける所です。早霧せいなさんのアドリブに合わせて、不二子ちゃん、五右衛門、次元のルパン一味も同じふりをしなくてはいけないのでみんなを巻き込んでのアドリブ場面です。

初日には、お辞儀して「新年あけましておめでとう!」を表現したり、他にもフラダンスしてみたり、ヒゲダンスしてみたり、小島よしおのギャグをやってみたり…とチギちゃんルパンの独壇場です。他のメンバーのコミカルなアドリブにも注目したい場面ですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。