華やかなオーラを纏う元宙組男役トップスター大和悠河の魅力を大公開!

女性が夢見る美しい宝塚歌劇団の世界観。その美しい舞台にあって誰よりも華々しくオーラを放っていた大和悠河さん。 「華のある男役って?」「宝塚らしい目をひくオーラとは?」を体現していたのが大和悠河さんでした。 キラキラ輝くオーラと容姿は、宝塚の舞台において大きな魅力であり、私たちをお芝居の世界観に誘い楽しませてくれましたよね。

女性が夢見る美しい宝塚歌劇団の世界観。その美しい舞台にあって誰よりも華々しくオーラを放っていた大和悠河さん。

「華のある男役って?」「宝塚らしい目をひくオーラとは?」を体現していたのが大和悠河さんでした。

キラキラ輝くオーラと容姿は、宝塚の舞台において大きな魅力であり、私たちをお芝居の世界観に誘い楽しませてくれましたよね。

ここでは、その大和悠河さんの宝塚歌劇団に在籍していたころの魅力について迫ってみたいと思います。

ザ・宝塚の男役でありながらキュートな大和悠河さん

下級生のころから大役に抜擢され、トップスターへの階段をひた走ってきた大和悠河さん。

天然な要素も大和さんの魅力のひとつです。その天然さは、月組時代の大先輩、真琴つばささんが認めるほど。

天性のスター性だけではなく、どこか天然でチャーミングな可愛らしさがあって、タニちゃん・タニさんの愛称で親しまれています。

大和悠河さんのバウホール単独主演公演「シンデレラ・ロック」

この「シンデレラ・ロック」を観劇して、大和悠河さんの魅力にハートを打ち抜かれた方も多いのではないでしょうか。この作品の中で、亡くなった愛する父親と同じく、「ロックシンガーになる夢」を持ち、仲間たちとともに夢に向かって突き進む軸のしっかりとした青年を演じ切りました。青春真っ只中、夢をかなえるためにまい進するシド役は、まさにトップスターへ向けて階段をひた走る大和悠河さんにピッタリの役どころ。シド役を演じる大和悠河さんは、「夢に向かって」ひたむきに頑張る姿が重なって見えましたよね。

青春時代独特のさわやかさと情熱、そして悠河さんの包容力があって優しいところとがうまく表現されていて、悠河さんはやっぱりトップスターになる人なんだと実感した作品です。はじめてのバウホール単独主演公演を果たしたとは思えないほど堂々としていて、その一瞬しか味わうことのできないキラキラとした輝きを私たちに見せてくれました。

まさに、ひときわオーラを放つプリンス!すてきですね!

大和悠河さんが大きく躍進!花開いたトップスター

早くからスター性を見出されてきた悠河さんが、ついに「A/L ―怪盗ルパンの青春―」でトップスターとして、花開きます。この作品を見て大和悠河さんの魅力にハマった方も多かったはず。悠河さんは、どちらかといえば現代風なイメージが強かったのですが、この作品で、さらにどんな役でもこなせるかっこよさ、役柄の幅が広がったように思います!

観てまず思ったことが、ため息が出るほどのきれいさ。まさしくこれぞ宝塚!と声をかけたくなります。悠河さんのスタイル・ヴィジュアルがとにかくかっこいいのです。怪盗姿が本当にお似合いですよね!普通に舞台にいるだけで、スラリとしたスタイルが美しい。突っこみどころ満載の思わず笑ってしまうコミカルさと、悠河さんの綺麗さのバランスが良く、そして歌唱力にも磨きがかかっていましたね。元来持っていた舞台人としての天性の華やかさだけではなく、実力も磨かれ、トップスターとなった悠河さんを存分に堪能できました。

宝塚歌劇の他のオススメ記事

大和悠河さんの魅力が気になったらぜひDVDを見てみてください!

これまで、新人時代、そしてトップスターになってからの心に残る代表作とともに、大和悠河さんの魅力をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。悠河さんが出演される舞台はとにかく、華やかで夢のようで、その宝塚らしさがたまらないですよね!ぜひ気になった方は、悠河さんの作品をご覧になってみてください。きっと、宝塚歌劇団の新たな魅力にハマること間違いなしです。

チケットキャンプでは、宝塚歌劇のチケットを取り扱い中です。ぜひ、ご覧ください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。