宝塚 チケット
笑顔が可愛い舞雛かのんの魅力をファンブログからお届け!

舞雛かのんは、2011年に宝塚音楽学校に入学、2013年に第99期生として宝塚歌劇団に入団しました。 初舞台は、宝塚歌劇団雪組公演「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」でした。その後、月組へ配属。

舞雛かのんは、2011年に宝塚音楽学校に入学、2013年に第99期生として宝塚歌劇団に入団しました。初舞台は、宝塚歌劇団雪組公演「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」でした。その後、月組へ配属。魅力的な娘役として、多くの宝塚ファンを魅了しています。身長は、娘役として理想の162cm。「みーほ」の愛称で親しまれています。ここでは、舞雛かのんの魅力的な性格を、活躍の様子を綴るファンブログを通して徹底解析してみましょう。

宝塚歌劇団月組の娘役、舞雛かのんの魅力を紹介~その1~

2014年5月に宝塚歌劇団月組公演を観劇したやすべえさん。

出演している舞雛かのんの様子について自身のブログ「やすべえのブログ」で紹介してくれています。

まずは、本公演での「宝塚をどり」に、黄色の入った着物で登場した舞雛かのん。

続くプリミュージカル「明日への指針~センチュリー号の航海日誌~」でも舞雛かのんの姿を追うやすべえさん。
最後に披露された圧巻のラインダンスでも、舞雛かのんはすぐにわかったとのこと。

舞雛かのんは、溢れる笑顔が最大の魅力と言えそうですね♪

「やすべえのブログ」

みんなのコメント
  1. ゆゆ より:

    お写真は舞雛かのんさんではなく、
    陽海ありささんだと思うのですが…

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。