宝塚雪組・永久輝せあ!雪組の絶対的ホープと呼ばれる魅力・プロフィールとは?!可愛さがスパークするお茶会を調査!

現在大劇場公演中の雪組。その若手の絶対的エースといえば永久輝せあさんです。ファンを納得させる実力の高さとビジュアルの美しさに加え、お茶会で見せる可愛い姿やサービス精神旺盛な性格なども人気の秘密のようです。永久輝せあさんの生い立ちからひとつひとつじっくりとその魅力を紐解いていきましょう。

ちぎみゆ集大成に向かう現在の雪組

先月、宝塚大劇場にて雪組トップコンビ・早霧せいなさんと咲妃みゆさんのサヨナラ公演がついに幕を開けました。

雪組真骨頂とも言える日本物のコメディ芝居に、サヨナラ感たっぷりのショーは大人気のようで、何度観ても物足りない公演となっています。

いつも元気いっぱいな早霧さんが好きな子をからかうように咲妃さんにちょっかいを出す様子は非常に可愛らしく、2番手スターである望海風斗さんを加えた絶妙な相性に雪組ファンのみならず宝塚ファン全員が温かい視線を送っています。

この大人気トリデンテが今回の公演をもってついに最後となる寂しさにヅカファン一同、必死に耐えている現在。

そしてついにトップとなる実力派コンビ・望海さん&真彩希帆さんにかかる期待、それに伴う各番手の上昇。

ちぎみゆコンビが去ってゆく悲しさと共に、新たな雪組が誕生する期待も高まっています。

イケメン揃いと評価される雪組の次世代スターの中でも、今回は桁外れの人気を誇っている永久輝せあさんのプロフィールをご紹介し、お茶会に見る永久輝さんの魅力も含めてお伝えしていきたいと思います。

現在公演中の雪組公演に関する最新記事はコチラ

永久輝せあさんのプロフィール

  • 97期生
  • 入団時の成績:6番
  • 出身:東京都
  • 誕生日:8月8日
  • 血液型:A型
  • 身長:170㎝
  • 愛称:ひとこ、ひとみ

天海祐希さんと誕生日が同じであることと、初めて宝塚を知ったときのスターさん、朝海ひかるさんにどちらも「海」の字が入っていたということで、海→SEA→せあ、というお名前の由来だそうです。永久に輝く、というお名前も素敵ですよね。

東京・世田谷生まれのお嬢様

永久輝さんは、東京都世田谷区のご出身。世田谷区と言えば、高級住宅街を想像する人も多いと思います。

世田谷区には一般住宅が並ぶ下町っぽいエリアもありますが、永久輝さんの出身校を見ればお嬢様育ちであることが一目で分かります。

永久輝さんの出身校、白百合学園高校は幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大学と一貫教育を実施している学校ですが、今年で設立135年を迎える歴史ある学校です。

高田万由子さん・松たか子さんなどお嬢様育ちの有名人が卒業生にいることからも、「お嬢様学校と言えば白百合」という有名校です。

タカラジェンヌにはお嬢様が多いこともヅカファンなら周知の事実。バレエはお金のかかる習い事ですから、幼少期からバレエに勤しんできたということは、ご実家が裕福ということです。

そして、4歳からバレエを習っていたという永久輝さんもその中のお一人ということになります。

出会いは朝海オスカル、受験決意は瀬奈じゅんさん

東京都在住の永久輝さんは、宝塚を知ったのはお友達からの紹介。

中学3年生のときに朝海ひかるさん主演の『ベルサイユのばら』のDVDをお友達に借りてその美しさに夢中になり、高校2年生で初観劇。瀬奈じゅんさんの『ME AND MY GIRL』を観て宝塚受験を決意したそうです。

高校2年生ということは既に身長も高かったでしょうし、バレエ歴のある永久輝さんにとって、音楽学校受験に至ったのは自然の流れだったように思いますね。

高校2年生で受験決意ということは、残る受験可能回数は2回のみ。瀬奈さんの『ME AND MY GIRL』東京公演は2008年夏、その時に高校2年生だったことを考えれば高2の終わりに受験して一発合格で音楽学校に入学したことになります。

これだけの才能に恵まれている逸材を面接官が見逃すはずはなく、入学時は主席扱いで、入学式では予科生を代表して挨拶も務めました。

研5で新公初主演、以降も主演常連に

入団時の成績は6番で、ビジュアルも恵まれている永久輝さんが新人公演の主演を任されるのはファンの予想通り。研5の時の大劇場公演『ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-』で新公主演デビューとなりました。

それまでにも2番手や主要メンバーの役を演じており、永久輝さんはエリート街道まっしぐらと言っていいでしょう。

ルパン3世はまさに早霧さんのためにあるような役で、ルパンの極細の脚、お調子者の明るさ、臨機応変のアドリブ場面など、早霧さんでなくては演じこなせないような難しい役でしたが、永久輝さんの安定した実力の上に研究熱心な気持ちと舞台度胸の良さで、大好評の初主演となりました。

次の大劇場公演『星逢一夜』では2番手スターの望海さんの役を演じ、幼なじみの親友と闘って斬られしまうという、感情が爆発する大変難しい役に挑み、次の作品『るろうに剣心』では再び主演の緋村剣心を演じました。

ルパン三世もそうですが、根強い原作ファンを大勢抱える作品は原作の持つ強いイメージがあるため、そのイメージを壊さずに、且つ自分なりの個性を滲み出さなくてはならない難しさがあります。

永久輝さんの美しいビジュアルに加えて、素直でまっすぐな永久輝さんならではの剣心は多くのファンを唸らせました。

『私立探偵ケイレブ・ハント』でも新人公演主演、正塚 晴彦先生独特のハードボイルドな男の世界に挑戦し、「台詞を忘れろ」という正塚先生特有の演技指導やスーツの着こなしなど、新たな引出しを増やします。

そして現在大劇場公演中の『幕末太陽傳』で、4度目の主演を演じました。永久輝さんいわく、数をこなしたからといって慣れるわけではなく、前回よりもさらに成長した姿を期待されていて、その期待に応えなくてはならないプレッシャーがかかってくるので、主演の回を重ねる度に難しくなるそうです。

4度もの新公主演を続けたということは、もうほぼ間違いなくスター路線に乗っている永久輝さん。新人公演は最後の年となりますので、残すはあと1作品。

次回大劇場公演は望海さんのお披露目公演となりますが、これまで早霧さんの役をすることの多かった永久輝さんが次回新人公演ではどんな役どころにつくのか、非常に楽しみなところですね。

大人気コンビ【れいこひとこ】

現在は月組に組替えとなった95期生の月城かなとさんとはシンメトリーで活躍することが多かった永久輝さん。

バウ公演『New Wave! -雪-』では月城さんと永久輝さんのW主演ということで、永久輝さんのバウ初主演作品となりました。

ビジュアルも美しく、実力も安定しているお2人の舞台は若手らしいフレッシュさもありながらレベルの高いステージで、雪組の若手のみで構成されたこのショーステージによって、雪組の将来の安泰を確信した人も多かったようです。

雪組トップスターの早霧せいなさんからの信頼も厚かった「れいこひとこ」コンビ。残念ながら組替えとなってしまった月城さんも美弥るりかさんのバウ作品で月組デビューとなり、雪組ファンとしては「うちのれいこの実力、見たか!」と誇らしい気持ちで送り出すこととなったようです。

お茶会から見える永久輝さんの性格

音楽学校入学時からエリートコースまっしぐらの永久輝さんですが、気になるのが永久輝さんの人柄。

お嬢様育ちで、宝塚に入ってからも高い評価を得ることが多かったという恵まれた環境が続いていますが、努力家で明るくて優しい永久輝さんの性格も大評判のようです。

たいてい土日に行われるお茶会は2公演を終えた足でそのまま生徒さんが駆けつけてくれます。

公演の疲れを見せるどころか、最後の握手までサービス満点の永久輝さんのお茶会は大好評。「楽しんでいってもらいたい」という気持ちの見える永久輝さんの優しさや可愛さが存分に味わえるお茶会は、リピーター続出のようです。

期待されるバウ単独初主演

現在公演中の『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』では、彩風咲奈さんが初日からしばらく休演となったため、その代役として白羽の矢が立ったのは永久輝さんでした。

これまでにも主要キャストの生徒さんの休演にあたって代役が立てられた公演が数々ありましたが、一般的には香盤順、つまり彩風さんの役の次に名前が来る生徒さんが担当したり、同期生が担当したり、新人公演でその役を演じる予定の下級生などが代役を務めることが多かったと思います。

しかし、永久輝さんの立場はそのどれでもなく、「永久輝にやらせてみたい」と劇団が考えた何らかの理由があったということです。

その措置から考えても、永久輝さんの今後の活躍は目に見えるようです。

そして、路線の男役として学年的にそろそろやっておきたいのはバウ公演の単独初主演。

大劇場の本公演や望海さん主演の別箱公演でも重要な役どころを演じてきてはいますが、ファンとしてはやっぱり永久輝さんのために用意された作品を観てみたいところですよね。

現在の大劇場公演が終わって東京に行き、ちぎみゆを送り出した後は望海さん真彩さんのプレお披露目となる全国ツアー組と、彩風さん主演のシアタードラマシティ公演『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』に分かれますが、永久輝さんはシアタードラマシティ組。

そしてその後の小劇場系のスケジュールは未発表となっていますので、待望のバウ単独初主演が2018年となるのかどうか大注目です。

あと1作品で新人公演を卒業していよいよ雪組の主戦力として更なる活躍が見込まれる永久輝さんですが、なぜここまで注目されているのか、今回はその魅力をお伝えしてみました。

安定した実力に加えて、アイドルのような笑顔と板についてきた男っぽさを武器に、現在大劇場で大活躍している永久輝せあさんの姿を観に、ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

今後の雪組公演に関する記事はコチラ

みんなのコメント
  1. 雪組サイコー より:

    初主演は、研4の時でしたよ^ ^

  2. わこ より:

    ドラマティックSで、ロケット前の場面でのソロ。めっちゃかっこいい❗️一瞬で、❤️を奪われました。チギさんロスを埋めてくれるのは、ひとこさんです。これからも雪組観劇が楽しみです❤️

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。