宝塚花組組長・高翔みず希!ベテランの技が光るダンスに釘付け!プロフィールをおさらいし、その魅力に迫る!

宝塚花組の組長を務める高翔みず希さん。20年以上のキャリアを誇るベテランのタカラジェンヌであり、卓越したダンスと確かな演技力といった実力をもち積み重ねた経験を活かし、舞台上で存在感を放っています。組長として舞台の初日や千秋楽の際にされる挨拶からは、柔らかで優しそうな性格がうかがえ、その人柄で組長として花組をまとめられている印象を持たれている方が多いのではないでしょうか? そこで今回は、高翔みず希望さんのプロフィールや経歴をあらためておさらいし、ファンの方の声からその魅力に迫りたいと思います。

宝塚花組組長・高翔みず希!

宝塚花組の組長を務める高翔みず希さん。
20年以上のキャリアを誇るベテランのタカラジェンヌであり、卓越したダンスと確かな演技力といった実力をもち積み重ねた経験を活かし、舞台上で存在感を放っています。
組長として舞台の初日や千秋楽の際にされる挨拶からは、柔らかで優しそうな性格がうかがえ、その人柄で組長として花組をまとめられている印象を持たれている方が多いのではないでしょうか?
そこで今回は、高翔みず希望さんのプロフィールや経歴をあらためておさらいし、ファンの方の声からその魅力に迫りたいと思います。

宝塚歌劇 花組の公演に関する記事はこちら

高翔みず希さんのプロフィール

  • 誕生日:7月16日
  • 身長:166cm
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 初舞台:1990年3月「ベルサイユのばら」
  • 愛称:さおり、さおた

高翔みず希さんが宝塚歌劇団を目指すきっかけは『風と共に去りぬ』を中学生の時に観劇したことだったようです。当時、ジャズダンスを習い始めた頃だったそうで、フィナーレのダンスに心を奪われたのだとか。
そして、見事1988年4月に宝塚音楽学校入学し、1990年3月、宝塚歌劇団に76期生として入団しました。同年の『ベルサイユのばら(フェルゼン編)』で初舞台を踏んでいます。
同期生には、元月組トップスター・彩輝直さん、元花組娘役トップ・純名里沙さん、元月組トップ娘役・風花舞さん、元星組・雪組トップ娘役・月影瞳さん、元星組トップ娘役・星奈優里さん、元専科スター・樹里咲穂さんがOGにいらっしゃいます。現役としては、宙組組長の寿つかささんが同期生にあたります。

初舞台後は、1991年1月に組回りを経て月組へ配属され、『PUCK』や『ME AND MY GIRL』などに出演しました。

1998年1月には宙組創設に伴い宙組へ異動となります。背の高い生徒が多い宙組でしたが、その中でどのように存在感を示すことができるかを意識して舞台に立たれていたそうです。
1998年1月には『夢幻宝寿頌/This is TAKARAZUKA!』で香港公演にも出演しました。海外公演に出演できる機会は稀であり、高翔みず希さんにとっても舞台人として得られるものが大きかったでしょう。1998年10月に公演された『エリザベート~愛と死の輪舞』では黒天使役として活躍しました。

2000年7月に花組へ組替えとなり、2007年12月に副組長に、2012年3月には組長に昇進しています。
花組に異動後も、『ファントム』『太王四神記-チェシンの星のもとに-』『オーシャンズ11』などの大作に多く出演し、幅広い役を演じています。

高翔みず希さんの魅力

花組を支える包容力あるスマートな組長!!

先述のとおり、高翔みず希さんは、2012年3月から花組の組長に就任しています。
宝塚における組長とは管理職の立場であり、トップスターを含め組全体を、舞台上・稽古場等、さまざまな場面において影で支える大きな存在です。
高翔みず希さんは組長を務める上で、意識的に自分から下級生に話しかけるようにしているとお話しされていたことがありました。
高翔みず希さんは一人っ子で、自らの事を話し下手で表情にも出ない方と表現されており、組をまとめていく上で、そのような性格を変えていかなければならないと感じたからのようです。
組に対する責任感と組全体に細やかに気配りできる点が、高翔みず希さんの初日や千秋楽の挨拶、お茶会などから感じられるため、その包容力ある人柄が人気のひとつのようですね!

ベテラン男役が魅せる、ダンス力!!

高翔みず希さんといえば、素晴らしいダンスが人気です!花組は、昔から『ダンスの花組』と呼ばれるほど、ショーで魅せる組と言われていて、そんな花組をキレッキレのダンスで底上げしてくれるのが踊れる組長・高翔みず希さんなのです。
様々なダンス場面ではそのダンス力で路線スターばりに目を奪われることが多く、フィナーレの男役群舞では黒燕尾の捌き方がベテランの風格を漂わす一味も二味も違う男役の真髄を感じる姿を魅せてくれます。
これからもその男役として磨きぬかれたダンスで花組をぐいぐいと引っ張ってくれる姿を拝みたいですね♪
高翔みず希さんのダンスに対するSNSでのファンの声を以下にご紹介します。

丁寧な役作りで存在感を放つ芝居

組長である高翔みず希さんは、温かみあふれる優しい役から、卑しさがにじむ悪役まで、幅広い役をその豊富な経験を活かしながら丁寧に演じています。
台詞が少なくても、その一言一言に人物像が表れる芝居で、その公演自体に感情移入しやすい雰囲気をもたらしてくれるといえるでしょう!
高翔みず希さんの芝居に対するSNSでのファンの声を以下にご紹介します。

高翔みず希さんがまとめる花組に、これからも期待大!

宝塚花組を組長の立場でしっかりとまとめてくれている高翔みず希さんについてご紹介しました。

組長として自ら下級生にコミュニケーションをとろうという姿勢を大切にされている高翔みず希さんの細やかな気配りができる性格や、若い路線スターに男役の真髄を見せつけるかのような素晴らしいダンス、丁寧に紡ぎだされる台詞による深みのある演技が魅力的な高翔みず希さん!
これからも、そのベテランの力と温かな性格で花組を支えてくれるに違いありませんね♪

宝塚歌劇 花組に関するおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。