ドラマやゲームが原作の宝塚歌劇演目の魅力って?

宝塚歌劇の作品の中には、宝塚歌劇団のオリジナル作品以外に、外部の原作を元に作られた作品が多くありますが、その原作のジャンルには、映画やオペラだけでなく、テレビドラマやゲームなども。ここでは、宝塚歌劇の舞台の中から、ドラマやゲームが原作となっている作品に注目してみることにしましょう。

宝塚歌劇の作品の中には、宝塚歌劇団のオリジナル作品以外に、外部の原作を元に作られた作品が多くありますが、なんとその原作のジャンルには、映画やオペラだけでなく、テレビドラマやゲームなどもありますね!

もちろん昔はなかったのですが、いつからでしょうか・・・?

ここでは、宝塚歌劇の舞台の中から、ドラマやゲームが原作となっている作品に注目してみることにしましょう♪

ドラマやゲームが原作モノならではのオモシロさ

通常、文学やミュージカルが原作のものが多い、宝塚の演目。それらと、ドラマやゲームの原作から作られた作品の違いってなんでしょう?

ざっくり言っちゃうと、「よりコミカルな場合が多い」、「展開が早い」点でしょうか。

時代小説のような、現実ではありえなそうな劇的な設定ではなく、より観客に近い設定でコミカルな人情を感じさせてくれるような演目が多いのも特徴です。

宝塚歌劇の原作となったドラマ

宝塚歌劇の作品の中には、テレビドラマが原作となっている舞台があります。

韓国ドラマの「太王四神記」や「相棒」などの作品は、宝塚の舞台でドラマをもう一度楽しむことができると、ファンの間で人気となっています。

宝塚歌劇の原作となったゲーム

他にも、宝塚歌劇の舞台には、ゲームが原作となっている作品もあります。

ゲームの「逆転裁判」を題材にした舞台は、日ごろはゲームにあまり興味がないというファンであっても楽しむことができるストーリーとなっており、ファンの注目を集めてきました。

これも、もともとは大衆演劇に西洋の風をふかせたものである宝塚歌劇に、新しい風を呼びこもうという試みによるものです。ゲームなど、日本独自のカルチャーであるサブカルチャーをとりこんでいるのです。

進化し続ける宝塚歌劇は、いつもその時代、時代のトレンドを上手に取り込み、オリジナルのものとしているのです。

あなたはそんな演目がお好き?

ヅカファンの楽しみ方は、まさに人それぞれ。

一番スタンダードなハマり方は、お気に入りの組やジェンヌを見つけ、彼女らの演目を中心に全国行脚していくパターンかもしれません。

ここで、ちょっとご提案したいのが、「原作のスタイルごとに違いを楽しんでいく方法」。改めて、ドラマやゲーム原作モノに着目してみてはいかがでしょうか?

宝塚歌劇のオススメ記事はこちら

宝塚歌劇の公演を見に行ってみよう

宝塚歌劇のドラマやゲームを原作に作られた舞台の魅力を、十分にお楽しみいただくことができたでしょうか。チケットキャンプでは、宝塚歌劇の公演チケットを取扱中です。感動をいっぱいにもらえる、宝塚歌劇の公演をぜひ見に行ってみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。