宝塚雪組の娘役・花束ゆめ!可愛らしくて実力派?103期生の首席として注目を集めた花束ゆめさんのプロフィールや魅力に迫る!!

宝塚雪組に所属する娘役・花束ゆめ(はなたば・ゆめ)さん。103期生として雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台を踏んだばかりの研究科1年生です。娘役が成績上位を占める103期生の首席入団だった花束ゆめさん、可愛らしい容姿に安定した技術で今後活躍してくれるのではないかと期待されています。そこで今回は宝塚雪組の新星娘役・花束ゆめさんの魅力やプロフィールなどをご紹介したいと思います!!

雪組娘役・花束ゆめ

宝塚歌劇団103期生として初舞台を踏んだ花束ゆめ(はなたば・ゆめ)さん。

103期の首席だった花束ゆめさんは入団前から注目されていました。雪組に配属され、その可愛らしい雰囲気でトップ娘役候補に!と期待されています。

そこで今回は新進娘役・花束ゆめさんのプロフィールや経歴、気になる性格などをご紹介したいと思います♪

花束ゆめさんに関するおすすめ記事

花束ゆめさんのプロフィール

  • 誕生日:9月18日
  • 身長:160cm
  • 出身地:東京都練馬区
  • 出身校:東京学芸大学附属国際中等教育学校
  • 初舞台:2017年4月「Dramatic “S”!」
  • 愛称:けいか

花束ゆめさんの経歴

初舞台

花束ゆめさんは今年初舞台を踏んだばかりの研1生です。

初舞台公演は人気トップコンビ、早霧せいなさんと咲妃みゆさんのサヨナラ公演「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!」。

初舞台のロケットの振り付けは宝塚ではお馴染みのKAZUMI-BOY先生。今までにはなかったような新鮮な振り付けで印象的なシーンになりました。また、KAZUMI-BOY先生にとっても初の初舞台ラインダンスの振り付けだったということもありと思い入れが強く今でも娘たちと呼んで103期生のことを可愛がっているようです。

『ねぇ、研1生達・・・ちゃんとやってる?』と言う私の質問に・・・
『みんな、凄くしっかりしてますよ!』と、各組の上級生が答えてくれた。
親バカ(笑)💦
私が彼女達に与えられるものは限られた、チッポケなものしかないが、彼女達が私にくれたもの、そして、いずれ彼女達がお客様に与えるであろう『感動』は無限である。
羽ばたけ❗娘達❗
(出典:KAZUMI-BOY ブログ

衣装も赤と白で可愛らしいデザインでしたよね。

雪組配属

103期生は組回りがなかったため初舞台を踏むとすぐに、組配属となりました。雪組に配属された103期生は

  • 花束ゆめ
  • 天咲礼愛
  • 大河そあ
  • 壮海はるま
  • 聖海由侑
  • 愛羽あやね
  • 莉奈くるみ
  • 紗蘭令愛

花束ゆめさんは元々雪組ファンだったそうです。

雪組ファンという芹澤さんは娘役志望で、雪組の元トップ娘役・舞羽美海(まいはね・みみ、現女優)と現トップ娘役・咲妃(さきひ)みゆが目標。「謙虚で、品と明るさがある娘役さんになりたい」。

(出典:スポーツ報知

と語っていただけあり、雪組配属が決定したときは花束ゆめさん本人もとても嬉しかったのではないでしょうか?

雪組への配属が決まり東京宝塚劇場での「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」にも出演した花束ゆめさん。お芝居にも少し出演し、ラインダンスではフェッテメンバーにも選ばれ活躍していました。

首席入団の花束ゆめさん

103期は娘役が強い?

103期生の首席として入団した花束ゆめさん。首席入団は初舞台の時もなにかとインタビューを受ける機会が多く記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?

103期生は40人音楽学校へ入学し誰も欠けることなく40人で初舞台を踏んだ…ということもあり、とっても団結力が強く、仲が良い期だと言われています。

そして成績上位10人中8人が娘役というのも珍しいですよね。

花束ゆめさんの魅力とは?

歌が上手い!

その可愛らしさが人気の花束ゆめさんですが、技術面でも首席ということで期待されています。音楽学校の文化祭の幕開きで披露したソロの歌声がとても綺麗で上手だったこともあり、今後歌のシーンでも活躍してくれるのではないでしょうか。

咲妃みゆさんに似ていると評判な花束ゆめさん

花束ゆめさんは前雪組トップ娘役の咲妃みゆさんに似ている!と評判になっています。ふんわりとした雰囲気や輪郭、目元などが確かに咲妃みゆさんっぽいですよね。

人気のトップ娘役だった咲妃みゆさんに似ているというのも今後が期待できるポイントのひとつです♪

花束ゆめさんの気になる性格は…?

花束ゆめさんはまだ研究科1年目ということもあり、まだまだ情報が少ないですが、入り待ちや出待ちで見せる笑顔が可愛らしくて好感が持てる!と言われています。

好きな言葉も“元気一杯”というだけあり、明るく可愛らしい性格なのではないでしょうか?

タカラジェンヌの性格を知るにはお茶会などが一番ですが、まだ下級生なのでお茶会が開催されていない花束ゆめさん。

花束ゆめさんのお茶会に興味がある方は開催時にお知らせしてもらえるよう、お手紙などを書いて応援してあげると良いでしょう♪

花束ゆめさんはトップ娘役候補?!

花束ゆめさんは音楽学校時代からトップ娘役候補では?と言われています。

首席入団はトップになれない…なんて言われている時期もありましたが近年では首席として入団してスターや人気のトップスターになっている方も多くいます。そこで首席入団で娘役トップになったタカラジェンヌを振り返ってみましょう。

【紫ともさん】

70期生の首席だった紫ともさん。杜けあきさんと一路真輝さんの相手役として雪組のトップ娘役を努めました。

【純名里沙さん】

76期生の首席として入団した純名里沙さん。初舞台からエトワールに抜擢されるなど、抜群の歌唱力を持ち、真矢みきさんの相手役として花組のトップ娘役として活躍しました。

【舞風りらさん】

バレリーナとして有名だった舞風りらさんは81期生の首席入団でした。朝海ひかるさんの相手役として雪組のトップ娘役を務めました。

【仙名彩世さん】

そして現在花組のトップ娘役として活躍する仙名彩世さんも94期生の首席入団です。歌・芝居・ダンスと三拍子揃った舞台姿が魅力的ですよね。

花束ゆめさんの今後の舞台

CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…

雪組の人気男役・彩風咲奈さんの初東上付き作品として注目されています。

期間は

  • ~ 
  • ~ 

ジュール・ヴェルヌの海洋SF小説「海底二万里」に登場するネモ船長を主人公に描くミュージカルファンタジーです。花束ゆめさんは最下級生として出演するため大変なことも多いかもしれませんが、頑張ってほしいですね。

「ひかりふる路(みち)/SUPER VOYAGER!」

そしてその後は大劇場公演「ひかりふる路(みち)/SUPER VOYAGER!」に出演する花束ゆめさん。

期間は

  • 2017年11月10日(金) – 12月15日(金) 宝塚大劇場
  • 2018年1月2日(火) – 2月11日(日) 東京宝塚劇場

中学卒業後すぐに宝塚音楽学校へ入学した花束ゆめさんはお稽古時間の関係で新人公演は出演できないと思いますが、本公演で活躍してくれることに期待しましょう。

期待の新星・花束ゆめさんに注目!

(出典:photo AC

宝塚雪組・娘役としてこれからの活躍が期待される花束ゆめさん。

そんな花束ゆめさんのプロフィールや経歴、魅力などをご紹介しました。まだまだ下級生ですが入団時から注目されているタカラジェンヌとして舞台でどんな姿をみせてくれるのかこれからが楽しみです!

宝塚歌劇のその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。