宝塚歌劇団 1回目の海外公演はヨーロッパ?75年間の歴史をお届け!

2014年に100周年を迎えた宝塚歌劇団の海外公演の歴史は、1938年に始まりました。以来、ヨーロッパやアメリカ、東南アジア、中南米といったさまざまな国で海外公演を行っています。今回は宝塚歌劇団の海外公演の歴史をご紹介します。

2014年に100周年を迎えた宝塚歌劇団の海外公演の歴史は、1938年に始まりました。以来、ヨーロッパやアメリカ、東南アジア、中南米といったさまざまな国で海外公演を行っています。

今回は1938年の第1回ヨーロッパ公演から2013年に行われた台湾公演まで、75年間の宝塚歌劇団の海外公演の歴史をご紹介します。

宝塚歌劇団の海外公演の歴史:1938年~1939年

まだ宝塚少女歌劇団と呼ばれていたタカラジェンヌは、1938年に「訪独伊芸術使節団」として海を渡りました。

宝塚の至宝といわれた天津乙女や奈良美也子など30名のメンバーで、ドイツ、ポーランド、イタリアを回り、第1回ヨーロッパ公演を行いました。

1939年4月には、「訪米芸術使節団」としてアメリカへ行き、ホノルル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨークなど9都市で2度目の海外公演を行いました。

宝塚歌劇団の海外公演の歴史:1942年~1944年

第二次世界大戦が起こり、日本の歴史も世界の歴史も大きく動いていた時期です。

宝塚歌劇団は軍需工場や軍病院で慰問公演を行うようになりました。1942年から1944年の3年間は、日本の兵士の慰問のために、中国の満州への巡業も行いました。1943年には宝塚大劇場が閉鎖されました。

宝塚歌劇団の海外公演の歴史:1955年~1966年

戦後1947年には日本劇場や帝国劇場にて東京公演が再開されました。1955年には東京宝塚劇場公演が再開され、同じ年の4月には第1回ハワイ公演が行われました。ハワイでの公演は1956年に第2回、1957年に第3回と、3年連続してありました。

1959年にはカナダとアメリカ公演が行われました。1965年にパリで開催された第2回ヨーロッパ公演では、初めて洋物のショーを上演しました。1966年には第4回ハワイ公演がありました。

宝塚歌劇団の海外公演の歴史:1973年~1989年

1973年には第1回東南アジアでの公演が行われ、ビルマ、マレーシア、シンガポールの3カ国を回りました。9年後の1982年には第2回東南アジア公演が行われ、第1回での3カ国に加えタイでも上演されました。

1975年の第3回ヨーロッパ公演では、フランスとソビエト連邦のリトアニア、ウクライナ、ロシアで公演を行いました。1978年には中南米公演が行われ、メキシコ、アルゼンチン、ブラジルへ。1985年には第5回ハワイ公演、1989年には1959年以来30年振りにニューヨーク公演が行われました。

ニューヨークでは世界最大級の規模を誇るラジオ・シティ・ミュージック・ホールで和物のショーと、洋物のショーを上演しました。最終日にはチケットが売り切れるほど盛況でした。

宝塚歌劇団の海外公演の歴史:1992年~1999年

1992年にはジョイスシアターにてニューヨーク公演が行われ、退団した大浦みずきと現役生との共演が話題となりました。

1994年のロンドン公演は、海外公演の歴史上初の自主公演となりました。46名の選抜メンバーにより、コロシアム劇場にて芝居を上演しました。1998年には香港カルチュラルセンター大ホールにて香港公演が行われました。1999年には中華人民共和国建国50周年・日中文化交流協定締結20周年記念のため、第1回中国公演が行われました。

宝塚歌劇団の海外公演の歴史:2000年~

ミレニアムを迎えた2000年には、フリードリッヒシュタット・パラスト劇場にて初の海外公演から62年振りのドイツ・ベルリン公演が行われました。1999年から2000年に行われた「ドイツにおける日本年」の最後のイベントとして盛り上がりました。

2002年には日中国交正常化30周年記念のため、第2回中国ツアー公演が行われました。2005年には日韓国交正常化40周年を記念して慶熙大学の平和の殿堂にて、宝塚グランドロマン「ベルサイユのばら」が上演されました。2013年には2011年に起きた震災の復興支援への御礼として台湾で自主興行を開催しました。国家戯劇院にて台湾の武侠小説が原作のミュージカルやレビューを上演しました。

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

宝塚歌劇団の芝居やショーを観に行こう!

宝塚歌劇団の海外公演の歴史をご紹介しましたが、いかがでしたか?日本では宝塚大劇場や東京宝塚劇場以外でも、全国ツアーで公演が行われています。チケットキャンプでも宝塚歌劇団のチケットを取り扱っていますよ!世界を飛び回り活躍している宝塚歌劇団のチケットをぜひ手に入れてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。