宝塚月組・海乃美月!トップ娘役候補にふさわしい上品な容姿に美しいバレエ!プロフィールや魅力をご紹介!

97期生として入団し、宝塚月組に所属する娘役・海乃美月(うみの・みつき)さん。月組に配属されてから多数のヒロイン役を経験して技術を磨いています。子供の頃からバレエを習っていてダンスが得意なタカラジェンヌですが近年では歌や芝居にも定評があり、安定感抜群の舞台姿を見せてくれています。そんな海乃美月さんのプロフィールや経歴、魅力などをご紹介したいと思います。トップ娘役候補生として輝く宝塚月組の海乃美月さんに注目です!!

宝塚月組・海乃美月(うみの みつき)

くらげちゃんキレイ♡ トップになってほしい♡ #月組 #海乃美月

A post shared by Haruna Odagiri (@haruna_tamakichi) on

宝塚月組に所属する娘役・海乃美月さん。

清楚で上品、そして男役さんにそっと寄り添うことができる娘役としてヒロイン経験をかさね、今では月組に欠かせないタカラジェンヌとして活躍しています。

そこで今回、プロフィールやお茶会から垣間見える性格など海乃美月さんの魅力をたっぷりご紹介します♪

宝塚月組のおすすめ記事

海乃美月さんのプロフィールをご紹介

基本プロフィール

  • 誕生日:5月18日
  • 身長:164cm
  • 出身地:富山県氷見市
  • 出身校:市立北部中学校
  • 血液型:O型
  • 初舞台:2011年4月「めぐり会いは再び」
  • 愛称:うみ、くらげ

海乃美月さんはお姉さん、妹、弟がいる四人兄弟の次女として生まれました。子供の頃からお姉さんのことが大好きでお姉さんのマネをしてバレエを始めた海乃美月さん。

気付くと踊ることに夢中になりコンクールにも参加してバレエが中心の学生生活を送っていたようです。

宝塚歌劇を初めて見たのは星組公演「王家に捧ぐ歌」。初めて観た宝塚はただただ感動して自分が入るなんて思わなかった海乃美月さんですが2006年の星組公演「ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―」を観て改めて華やかな宝塚に憧れ受験を決意しました。

音楽学校へ入学

見事一回目の受験で宝塚音楽学校に合格した海乃美月さん。2009年に97期生として入学しましいた。

主な97期生といえば…

  • 綺城ひか理(花組男役)
  • 城妃美伶(花組娘役)
  • 蓮つかさ(月組男役)
  • 永久輝せあ(雪組男役)
  • 留依蒔世(宙組男役)

入団時34名と例年に比べると少なめだったため、97期は大丈夫なのか…?と当時心配されていました。しかし研究科7年目を迎えた今、実力派から人気スターまで魅力的なタカラジェンヌが揃っています。

海乃美月さんの舞台経歴

初舞台

海乃美月さんは2011年、柚希礼音さん率いる星組公演「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」で初舞台を踏みました。

組回りは星組公演「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」の東京公演と宙組公演「クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!」に出演しています。

月組配属

2012年、組回りを経て月組に配属された海乃美月さん。芸名に“月”の字が入っている海乃美月さんにぴったりな組ですよね♪

初の月組生としての公演は「ロミオとジュリエット」でした。

そして海乃美月さんは次の大劇場公演、2013年1月「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」の本公演で幼少時代のアンドレ、新人公演で月組トップ娘役、愛希れいかさんが演じていたロザリー役に抜擢され注目を集めます。

その後は

  • 2013年7月「ルパン-ARSÈNE LUPIN-/Fantastic Energy!」新人公演:フラヴィ(本役:憧花ゆりの)
  • 2013年12月「月雲の皇子」酒見郎女(さかみのいらつめ)

などを演じています。

海乃美月さんのヒロイン経験まとめ

トップ娘役候補として抜擢された海乃美月さん。今までの舞台経歴を見ると数々のヒロイン役を経験しています。そこで今までの演じたヒロインをまとめてみました。

2014年3月「明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」

100周年を記念して行われた公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」の新人公演で初のヒロイン役に抜擢された海乃美月さん。

三本立ての公演だったため新人公演は芝居とショーの組み合わせで海乃美月さんはどちらも愛希れいかさんの役を演じました。

2014年7月「THE KINGDOM」ジェニファー

日本青年館・シアタードラマシティで公演された「THE KINGDOM」。凪七瑠海さんと美弥るりかさんのダブル主演公演ということでヒロインも早乙女わかばさんと海乃美月さんのダブルヒロインでした。

日本青年館とシアター・ドラマシティで演じた『THE KINGDOM』のジェニファー。「危険なところにも出かけていく、男勝りで冷静な頭をもったカッコいい女性です。もう挑戦するしかない、と緊張でいっぱいだった私に、演出の正塚晴彦先生が、海乃はそういうイメージだとおっしゃってくださって、それが自信につながりました。きっとできる、と無我夢中で取り組んだ思い出深い役です」

(出典:ウィズたからづか

2014年9月「PUCK」新人公演:ハーミア

涼風真世さんと麻乃佳世さんが演じて伝説的となった作品「PUCK」。妖精が見える少女ハーミア役を可憐に演じた海乃美月さん。

2015年4月「1789-バスティーユの恋人たち-」オランプ・デュ・ピュジェ

ミュージカル「1789」のオランプ役に早乙女わかばさんと役替わりで抜擢された海乃美月さん。この公演はトップ娘役の愛希れいかさんがマリーアントワネット役で、トップコンビが恋人を演じない…という宝塚では珍しい配役でした。

人気トップスター龍真咲さん演じるロナンの恋人役を演じ切った海乃美月さん。ひとつのターニングポイントになったのではないでしょうか?

2015年9月「A-EN(エイエン) ARI VERSION」マリッサ・ムーア

バウ初ヒロインとなったのがこちらの作品。暁千星さん演じる冴えない高校生アリエルが出会った学年一の美少女・マリッサ役を好演しました。マリッサのサラサラの金髪ストレートが美しく、ストーリーも学園もののコメディー作品で明るく楽しい舞台と評判でした。

2017年1月「グランドホテル」新人公演:エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ

「グランドホテル」の新人公演でバレリーナの役であるグルーシンスカヤを演じた海乃美月さん。。バレエが得意で大人っぽさが持ち味の海乃美月さんにぴったりの役でした。

2017年4月「瑠璃色の刻」アデマール

千秋楽おめでとうございました✨ #月組#瑠璃色の刻#美弥るりか#海乃美月

A post shared by あやか (@love_takarazuka_5) on

シアタードラマシティ・赤坂ACTシアターで公演された「瑠璃色の刻」。美弥るりかさんの初の単独主演作のヒロインを務めた海乃美月さん。恋人役ではありませんでしたが海乃美月さんが披露した美しいバレエが好評でした。

海乃美月さんの魅力とは?

上品で大人っぽいビジュアルが素敵な海乃美月さん。そんな海乃美月さんの一番の魅力はなんといってもダンスです。

幼いころからバレエや現代舞踊を学んでいた海乃美月さんは舞台でもたびたび美しいダンスやバレエを披露しています。

スタイル抜群で美人の海乃美月さん。最近では歌も上達しており、歌・芝居・ダンスと全体的に安心して観ていられる…というところが評価されています。

海乃美月さんのお茶会が気になる!

お茶会ではその生徒さんの性格が見えたり色んなエピソードが聞けたり…とファンにとってはたまらないイベントですよね。そこで海乃美月さんのお茶会での様子をご紹介します。

普段は控えめそうな印象がある海乃美月さんですがいろいろお話ししてくれてサービス精神旺盛な性格のようです。

海乃美月さんの今後の舞台

月組大劇場公演「All for One~ダルタニアンと太陽王~」

2017年9月1日〜10月8日の期間、京宝塚劇場で公演される月組公演「All for One」に出演する海乃美月さん。本公演ではマリア・テレサ役。そして新人公演ではモンパンシェ公爵夫人(本役:沙央くらま)役を演じます。

そして海乃美月さんにとって最後の新人公演、大劇場公演からさらにパワーアップした姿をみせてくれることでしょう。

全国ツアー公演「鳳凰伝/CRYSTAL TAKARAZUKA」

期間:2017年11月17日(金)〜12月10日(日)

「鳳凰伝」では海乃美月さんはタマル役を演じます。

海乃美月さんのこれからに期待!!

(出典:photo AC

海乃美月さんが出演する月組公演「All for One~ダルタニアンと太陽王~」の東京公演が始まります。

清楚な容姿で人気な娘役海乃美月さんのプロフィールや経歴をご紹介しました。

ヒロイン役を多数経験し、トップ娘役への期待が高まる今、海乃美月さんの活躍から目が離せませんね♪

宝塚歌劇のその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。