かつての月組ファン必見!霧矢大夢・大空祐飛の夢の対談

月組で長く一緒に育った霧矢大夢と大空祐飛。二人共トップで多忙の身。組も違うのでスケジュールがなかなかあわず、満を持して宝塚GRAPH2012年3月号に対談が掲載されました!ファン泥睡のきりやん対談のポイントをまとめて紹介します!

月組で長く一緒に育った霧矢大夢と大空祐飛。その二人のコンビが好きな人も多いはず♪大空祐飛さんの組替えで二人がそれぞれトップスターになってからも、そのコンビの姿が見たい!という声は多かったようです。

宝塚GRAPHで2011年に一番リクエストの多かったのがきりやん・ゆうひさんのコンビなんです。ただ、二人共トップで多忙の身。組も違うのでスケジュールがなかなかあわず、満を持して宝塚GRAPH2012年3月号に対談が掲載されました!

きりやんの退団に間に合ってよかった(;_;)ファン泥睡のこの対談のポイントをまとめて紹介します!

霧矢大夢・大空祐飛の月組時代

霧矢大夢・大空祐飛といえば月組の名コンビ!真琴つばささんのトップ時代は、元宙組トップスターの大和悠河さん、汐美真帆さんと4人でシューマッハーというグループを結成し、テレビにも出演、熱狂的人気を集めていました。下級生時代の苦楽を共にした時期を「青春時代」と示しながら思い出を振り返るところは、2人の特別な連帯感を感じさせられました。

その後、月組に二人になってからはよくコンビとして対象に踊ることが多く、2人のセットが魅力的でした。ダンスの振り覚えが苦手なゆうひさんの練習に何度も繰り返して付き合っていたきりやん。

でも、間違って覚えていたものをそのまま伝えてしまうので、よく2人で間違っていたそうです。笑 立ち位置が離れていても、霧矢さんが間違って立つと、何故かその空気を感じてつられて祐飛さんも間違って立ってしまったそうです。すごいシンクロ率!2人の信頼感を感じるエピソードですよね。

月組トップスター霧矢大夢の意外な素顔

きりやんは80期、ゆうひさんは78期と祐飛さんの方が上級生ですが、まるで同期生のような仲の良さ。ただ、仲の良い親友というだけでなく、お兄ちゃんと弟のような仲の良さを感じます。

本人たちもそれは自覚していて、ゆうひさんは「ひろむは、すぐ下の子キャラになれるから羨ましい」と言っていました。でも、きりやんは「最近、自分の組ではできない」と言っていました。トップスターという立場になると、やはり先頭を切って組をまとめなければなりませんからね。と言うより、根っからの関西人基質のきりやんは、近くにツッコミをしてくれる人がいないのが寂しかったんだろうなと思いました。笑 ゆうひさんの魅力はクールビューティなところで、根っからのツッコミでしたからね。笑

トップスター同士の対談ではなく、月組の下級生時代に戻った二人のトークというのは、貴重ですよね。二人共トップスターという立場だからこそ、こういうラフな対談でより魅力がわかるんだと思います。

みんなのコメント
  1. 匿名 より:

    デイスイではなく垂涎(すいぜん)では?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。