宝塚月組・早乙女わかば!色あせないヒロイン力、華やかなビジュアルで舞台を彩る早乙女わかばさんのプロフィールを調査!

宝塚月組に所属する娘役・早乙女わかば(さおとめ・わかば)さん。2008年に94期生として「ミーアンドマイガール」で初舞台を踏み星組に配属。星組で多数ヒロインに抜擢され、2014年に月組に組替え後も活躍を続けています。今年研究科10年目。節目の年になりますがその光り輝くヒロイン力は色あせることなく舞台を彩っています。そこで今回は宝塚月組・早乙女わかばさんのプロフィールや魅力などを改めてご紹介したいと思います。

宝塚月組・早乙女わかば(さおとめ・わかば)

わかばちゃんHBD! #早乙女わかば #月組 #94期 #元星組

A post shared by 未歩 (@miho.rakko) on

宝塚月組に所属する娘役・早乙女わかばさん。

下級生の頃からその正統派なビジュアルに注目され様々な役に抜擢されてきた早乙女わかばさん。

男役を自然に演じるようになるためには時間がかかるという意味で“男役10年”という言葉がありますが、宝塚の女役だって極めるには同じくらい時間がかかります。

早乙女わかばさんも今年研究科10年目を迎え、ますますその輝きに磨きをかけています。

そこで今回は早乙女わかばさんのプロフィールや舞台経歴、魅力などを改めて振り返ってみたいと思います♪

宝塚月組のおすすめ記事

早乙女わかばさんのプロフィールをご紹介

まずは基本のプロフィールをご紹介したいと思います。

  • 誕生日:5月30日
  • 身長:162cm
  • 出身地;兵庫県神戸市
  • 出身校:県立宝塚北高等学校
  • 愛称:わかば

宝塚歌劇団のお膝元、兵庫県出身の早乙女わかばさん。初めての観劇は轟悠さん率いる雪組公演「春櫻賦/LET’S JAZZ」でした。そこからすっかり宝塚の魅力にはまってしまった早乙女わかばさんは自ら宝塚のことを調べ宝塚コドモアテネに入学。コドモアテネで受験のためのレッスンに励んでいたようです。

そして2006年に94期生として宝塚音楽学校へ入学。

主な94期生は…

  • 仙名彩世
  • 華雅りりか
  • 珠城りょう
  • 麻央侑希

など。いわゆる人気の路線スター!と言われる人数は少なめですが、実力派のタカラジェンヌを多数輩出している期です。

早乙女わかばさんの舞台経歴をご紹介

初舞台

94期生の初舞台は2008年の月組公演「ME AND MY GIRL」でした。早乙女わかばさんの入団時の成績は44人中24番。人気作品の再演ということや当時のトップ娘役、彩乃かなみさんのサヨナラ公演だったこともあり注目の舞台でしたよね。

94期生はロケット以外にもランベスウォークにも参加しました。

星組配属

初舞台後は星組に配属となった早乙女わかばさん。組子としての初の舞台は2008年「THE SCARLET PIMPERNEL」。

当時の人気トップコンビだった安蘭けいさんと遠野あすかさんのサヨナラ公演となった2009年「My dear New Orleans/ア ビヤント」の新人公演では少女時代のルイーズ(本役:稀鳥まりや)、ポリーン(本役:音波みのり)の役に抜擢されています。

そして柚希礼音さん、夢咲ねねさんのお披露目公演となった「太王四神記 Ver.II」の新人公演ではスリョン役(本役:夢妃杏瑠)を演じました。入団時からそのお人形さんのような整った顔立ちが注目されており、いつか新人公演でヒロインに抜擢されるのでは?とファンの間で期待されていた早乙女わかばさん。

すると…その次の大劇場公演「ハプスブルクの宝剣-魂に宿る光-/BOLERO」で新人公演の初ヒロインに!!研究科2年目での抜擢は当時話題になりました。

「ハプスブルクの宝剣」で新人公演の主演をしたのは現在月組二番手男役として活躍中の美弥るりかさん。月組でも何かと絡みが多い二人ですがこの公演から“みやわか”コンビがスタートしたのです。

その後も…

  • 2011年「ノバ・ボサ・ノバ」新人公演:エストレーラ(本役:夢咲ねね)
  • 2011年バウホール公演「ランスロット」グウィネビア
  • 2012年「ダンサ セレナータ/Celebrity-セレブリティ-」リタ、新人公演:モニカ(本役:夢咲ねね)
  • 2012年「ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-」マリー・アントワネット
  • 2012年「Étoile de TAKARAZUKA」ヴァルゴファムA、プティットアミ、新人公演:マドモワゼルエトワール、ヴァルゴファムS(歌手)、アドレファム(本役:夢咲ねね)

など次々とヒロイン役を経験。

2014年の専科公演「第二章」では轟悠さん、英真なおきさん、夢咲ねねさんと共に四人のみの舞台に出演し、話題になりました。

この公演を最後に月組への組替えとなった早乙女わかばさん。

月組へ組替え

2014年5月18日付で月組へ組替えとなった早乙女わかばさん。

月組生としての初の舞台は凪七瑠海さんと美弥るりかさんのW主演公演「THE KINGDOM」でロシア貴族のサーシャ役を上品に演じました。海乃美月さんとのWヒロイン。

2014年「PUCK」の新人公演でヘレン(本役:沙央くらま)を演じた早乙女わかばさん。星組時代はどうしてもそのビジュアルにばかり注目され、技術がなかなか追いついてない印象でしたが、ヘレン役を熱演したことでその演技力が評価されました。

わかばちゃんってこんな役もできるんだ!と思った方も多かったのではないでしょうか。

そして2015年「Bandito」では珠城りょうさん主演のヒロインとしてアマ—リア・ディ・ヴァッレルンガ を演じました。“同期萌え”という文化がある宝塚。同期生である珠城りょうさんと早乙女わかばさんのコンビがたまらない!という声多数。

2015年「1789-バスティーユの恋人たち-」ではオランプ・デュ・ピュジェ、そして2017年「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」フラムシェン役ともに海乃美月さんと役替わりで演じた早乙女わかばさん。

オランプ役は主人公の恋人役、そしてフラムシェンは初演の公演では当時のトップ娘役だった麻乃佳世さんが演じた役です。どちらも今まで培ったヒロイン経験を生かした演技で、好評を博しました。特にフラムシェンは“おとめ”の好きだった役にあげるほど本人にとっても思い入れのある公演となったようです。

早乙女わかばさんの魅力とは

ヒロイン力がすごい!

なんといっても登場するだけでぱっと華やかな雰囲気を漂わせることができる早乙女わかばさん。それはもう生まれ持った武器といっても良いでしょう。

とにかくキュートなヒロインが似合う早乙女わかばさん。この学年になってもその可愛らしさが下級生のころから変わらないというのもすごいですよね。

ヅカオタ

もともと宝塚ファンのタカラジェンヌって好感がもてますよね。早乙女わかばさんもそんなタカラジェンヌのひとりです。宝塚愛を語る時のハイテンションっぷりが可愛いとファンの間でも評判です。

早乙女わかばさんの気になる性格や、お茶会とは?

タカラジェンヌの素の性格を垣間見ることができるお茶会はファンにとって楽しみなイベントのひとつですよね。もちろん人気の娘役である早乙女わかばさんもお茶会を開催しています。

サービス精神旺盛な性格な早乙女わかばさんのお茶会は楽しい!と評判です。ぜひ気になる方は一度参加してみてはいかがでしょうか♪

早乙女わかばさんの今後の舞台

現在、月組東京大劇場公演「All for One」に出演中の早乙女わかばさん。次回はなんと専科公演「神家(こうや)の七人(しちにん)」に出演予定です。専科公演に出るのは「第二章」ぶり。また、娘役は早乙女わかばさんのみということでどんな舞台になるのか今から楽しみですね。

「第二章」の時に轟悠さんは早乙女わかばさんのことを度胸があってかわいい子だとお茶会で語っています。

早乙女わかばさんのこれからに期待!

(出典:photo AC

早乙女わかばさんプロフィールや魅力、経歴などをご紹介しました。

専科公演への出演など、ますます活躍が楽しみな早乙女わかばさん。今後の舞台もお見逃しなく!

宝塚歌劇のその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。