宝塚月組・玲実くれあ!キレのあるダンスと暖かみのある芝居で月組を支える大人な女役・玲実くれあさんの魅力に注目!!

宝塚月組に所属する玲実くれあ(れみ・くれあ)さんは2004年4月雪組公演「スサノオ」で初舞台を踏んだ90期生。今年、研究科14年目となり大人な女役として宝塚月組の舞台を支えています。また、玲実くれあさんは貴重な沖縄県出身のタカラジェンヌとしても活躍しています。今回はそんな玲実くれあさんの魅力やプロフィールなどをファンの方の声を元にご紹介したいと思います。これからがますます楽しみな玲実くれあさんに注目です!

宝塚月組・玲実 くれあ(れみ くれあ)

宝塚月組に所属する玲実くれあさん。

大劇場公演「All for One」では怪我のため全日程休演となってしまいましたが、東京公演では無事復帰し、元気に舞台を務める姿を見て安心したファンの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、今年研究科14年目となるベテラン女役として活躍する玲実くれあさんのプロフィールや経歴、性格エピソードなどを改めてご紹介したいと思います。

宝塚月組に関するおすすめ記事

玲実くれあさんのプロフィール

基本プロフィール

  • 誕生日;11月28日
  • 身長:162cm
  • 出身地;沖縄県浦添市
  • 出身校:沖縄県立那覇国際高等学校
  • 初舞台:2004年4月「スサノオ」
  • 愛称:くれあ

玲実くれあさんは沖縄出身ジェンヌ

玲実 くれあさんは沖縄出身のタカラジェンヌです。近年では九州出身のタカラジェンヌは増えていますが沖縄県出身のタカラジェンヌはまだまだ少なめ。現役生では玲実 くれあさんと花組の男役・澄月 菜音さんの二名です。

過去には華宮あいりさんなど沖縄出身のタカラジェンヌははっきりした顔立ちの美人さんが多い印象ですよね♪

玲実くれあさんもそのエキゾチックな美貌が魅力的です。

玲実くれあさんは90期生

玲実くれあさんは2002年に宝塚音楽学校に入学した90期生です。

主な同期生は…

  • 蒼乃夕妃(元月組トップ娘役)
  • 愛原実花(元雪組トップ娘役)
  • 香綾しずる(元雪組男役)
  • 瀬戸かずや(花組)
  • 宇月颯(月組)

90期生は男役のトップスターこそ輩出していませんが、人気スターや実力派のタカラジェンヌを多数生み出した期です。

玲実くれあさんの舞台経歴をご紹介

初舞台

2004年雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台を踏んだ玲実くれあさん。入団時の成績は50人中12番でした。

この年は90周年の記念の年ということもあり、90期生は初舞台生ロケット以外にも中詰めの総勢90名での大ロケットの場面にも参加しました。

90人での大ロケットは頭に90と書かれた丸い飾りが付いていたため当時、宝塚ファンの間で“あれは何なの…?頭に90円玉?”とちょっとした話題になりました。そんなシュールな衣装も宝塚ならでは。今となっては、面白い思い出となっているのではないでしょうか。

月組配属

初舞台後は月組配属となった玲実くれあさん。月組生としての初の舞台はトップスター彩輝直さんのサヨナラ公演となった2005年2月「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」 でした。新人公演では黒天使に抜擢されています。

2006年には若手ジェンヌの憧れでもあった第5期生のスカイフェアリーズに抜擢され、スカイステージでも活躍しました。このスカイフェアリーズで玲実くれあさんのことを知った、という方も多いのではないでしょうか?

そして玲実くれあさんに本人にとっても思い出深い公演となったのが2009年の「エリザベート」。玲実くれあさんは新人公演のゾフィー役を好演しました。ゾフィー役は実力派でないとなかなか演じられない難しい役です。当時研究科6年目の玲実くれあさんはこの時期から実力が認められていたのでしょうね。

その後も

  • 2009年10月「ラスト プレイ-祈りのように-/Heat on Beat!」ダンサー/新人公演:ヴァレリー(本役:音姫すなお)
  • 2010年4月「THE SCARLET PIMPERNEL」ポリー/新人公演:ドゥ・トゥルネー伯爵夫人(本役:花瀬みずか)
  • 2010年9月「ジプシー男爵/Rhapsodic Moon」妖精/新人公演:フローリカ(本役:憧花ゆりの)

など、新人公演ではベテラン女役さんの役を多数経験しています。

近年では2015年9月の宝塚バウホール公演「A-EN(エイエン)」ARI VERSION では公演の長としてクレア役(保健室の先生。家庭崩壊危機の美魔女)をコミカルに演じ、美人上級生としての脇を締める演技が印象的でしたね♪

玲実くれあさんの魅力とは?

ダンスがすごい!

玲実くれあさんは歌もお芝居も上手だと言われていますが、中でも注目されている魅力はダンス。そのキレのある男前なダンスが素敵だと評判です。

大人っぽさが素敵

現在の月組娘役は組長の憧花ゆりのさん、88期の夏月都さん、そして玲実くれあさんという学年順になっています。もともと大人っぽさが持ち味の娘役さんですが、近年ではその持ち味を活かしたお母さん役にも定評があります。

人気のかっこいい男役さんも、可愛らしい娘役さんも良いけど、大人っぽい女役さんもまた素敵で魅力的ですよね。

玲実くれあさんの気になる性格や、お茶会は?

タカラジェンヌの普段の性格が垣間見えるお茶会はファンにとって楽しみの一つですよね。公演のお話をしてくれたり一緒にゲームをしたり楽しいお茶会。

そんな玲実くれあさんもお茶会を開催しています。

舞台上ではカッコイイお姉さまな玲実くれあさんですが、お茶会では涙もろく可愛らしいと評判です。ぜひ玲実くれあさんのお茶会に参加してそのギャップを堪能してみてはいかがでしょうか。

玲実くれあさんの今後の舞台をチェック!

現在東京公演「All foe One」に出演中の玲実くれあさん。宝塚での公演は全日程休演となってしまい心配されていましたが、見事復帰。東京公演では元気な姿をみせてくれています。

期間;~ 

四銃士を描いた小池修一郎先生の新作ミュージカルということで明るく楽しめる舞台、と評判です。

本公演の後は玲実くれあさんは月組全国ツアー「鳳凰伝/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」に出演予定です。

「鳳凰伝」はオペラでも有名な「トゥーランドット」の物語。宝塚では2002年に宙組人気トップコンビだった和央ようかさんと花總まりさんが再演し話題となった作品です。

玲実くれあさんは北京の民[女]歌手の役を演じます。同期の響れおなさんも北京の民[男]ということで、共に素敵な歌声を聞かせてくれるのではないでしょうか。今から楽しみですね。

玲実くれあさんに注目!

(出典:photo AC )

宝塚月組の娘役・玲実くれあさんの魅力やプロフィール、経歴などをご紹介しました。

実力派として月組を支えるタカラジェンヌである玲実くれあさん。舞台人にとって休演は辛い出来事ですが、この辛い経験を乗り越えさらに舞台で輝いてくれるのではないでしょうか。

貴重な大人の女役・玲実くれあさんにこれからも注目です!

宝塚歌劇のその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。