1789 バスティーユの恋人たち チケット
宝塚月組「1789-バスティーユの恋人たち-」役替りに注目

月組公演「1789 -バスティーユの恋人たち-」の配役が発表され、驚きの役替りがありましたね。 今回の作品は、海外ミュージカルの日本発公演、演出は小池修一郎先生ということで演目発表の時から期待が集まっていますが、今回の配役でますます楽しみになりました。配役発表の内容と、見どころの予想をまとめてみます。

宝塚歌劇団月組公演「1789 -バスティーユの恋人たち-」の配役が発表され、驚きの役替りがありましたね。

今回の作品は、海外ミュージカルの日本発公演、演出は小池修一郎先生ということで演目発表の時から期待が集まっていますが、今回の配役でますます楽しみになりました。配役発表の内容と、見どころの予想をまとめてみます。

フランスミュージカルの日本初演、宝塚「1789 -バスティーユの恋人たち-」のあらすじ

「1789 -バスティーユの恋人たち-」はフランスミュージカルの日本上演です。フランスミュージカルといえば、宝塚で上演された仏ミュージカル「ロミオとジュリエット」は宝塚でも再演を繰り返し、本場フランス版も来日公演されましたよね。

昨年には、フレンチミュージカル「太陽王」が柚希礼音を中心に星組で上演され、フレンチミュージカルと宝塚の相性の良さがハッキリとしました。

海外ミュージカルの潤色・脚本に定評のある演出家小池修一郎の作品ということで期待大。気になるあらすじは、以下のとおりです。(公式HPより)

1789年、フランス国内では、革命への気運が高まっていた。農民出身の革命家ロナンと王妃マリー・アントワネットの子供たちの家庭教師であるオランプは恋に落ちるが、革命に向かう動乱の中で、引き裂かれてしまう。
 そんな二人が、新たな時代の幕開けとなった1789年7月14日、バスティーユ襲撃の日に、運命の再会を果たすことになる…。

フランス革命と宝塚は切っても切れない縁があります。宝塚一のヒット作【ベルサイユのばら】は貴族オスカルの目線でフランス革命を描いた名作ですが、今回は革命家の目線でフランス革命を描くことになりそうです。

ヒロインは誰?月組「1789 -バスティーユの恋人たち-」で愛希れいかはマリー・アントワネット役

あらすじが発表された段階では、革命家ロナンとオランプのラブ・ストーリーが龍真咲、愛希れいかのトップコンビで演じられると期待されていましたが、フタを開けると愛希れいかの役はフランス王妃であるマリー・アントワネット役

宝塚のシステム上トップコンビは運命の相手として描かれることがほとんどですが、今回は違った形になりそうです。男役が演じる女役がヒロインとして描かれることは稀にありますが(ベルサイユのばら、風と共に去りぬなど)、今回は変わった形です。フレンチミュージカル「太陽王」では明確なヒロインがいなかったため、相手役が複数いるという作品でしたが、今回は筋書きからヒロインがはっきりしているのにもかかわらずトップ娘役がその役ではありません。

雪組の「ルパン三世」では、ベルサイユのばらの概念を覆すマリー・アントワネットが描かれましたが、今回も101周年を迎えた宝塚だからこそ魅せるマリー・アントワネット像を描きたいのかもしれません。フランス版ではマリー・アントワネットは見せ場のある大きな役。愛希れいかは龍真咲の相手役にとどまらず、スター役者として認められたということなのでしょう。

日本版へ潤色されるということでフランス版と変わることが予想されますが、トップコンビの絡みはどうなるのか、気になるところです。

みんなのコメント
  1. 東京宝塚ファン より:

    海乃さんの1789wヒロイン決定、東京ファンとしてはとってもうれしいです。6月の東京宝塚開演が待ちきれないので4月の兵庫大劇場を観に行きます。もう今から楽しみです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。