宝塚 チケット
宝塚歌劇団 専科 轟悠の性格をお茶会の様子やブログから徹底検証!

宝塚歌劇団・専科に所属する男役スター兼劇団理事長です。1985年、71期生として宝塚歌劇団に入団し、「愛あれば命は永遠に」で初舞台を踏みました。

宝塚歌劇団・専科に所属する男役スター兼劇団理事長です。

1985年、71期生として宝塚歌劇団に入団し、「愛あれば命は永遠に」で初舞台を踏みました。同期には、2001年、「愛のソナタ/ESP!」大劇場公演の千秋楽で退団した、歌手・女優として活躍する真琴つばさがいます。

唯一の71期生であり、もはや宝塚歌劇団には欠かすことのできない存在と言っても過言ではありません。

轟悠は、1997年から2002年までの約6年間、雪組トップスターとして活躍しました。いぶし銀的な魅力に惚れた女性も多いかと思います。今回は、大人の色香漂う轟悠の性格を、お茶会に出席したファンブログをもとに、徹底検証します!

轟悠の性格は?検証その1!

タカラジェンヌの開くお茶会は、憧れの贔屓さんと間近で話せる唯一の機会!タカラジェンヌが、公演に関する話題を中心にトークするので、ファンなら参加してみたいですよね♪宝塚ファンのみょうがさんは、轟悠のお茶会の様子を自身のブログ「チカラワザでもラッキーカムカム」で紹介しています。

▶︎「チカラワザでもラッキーカムカム」

ターコイズブルーのシャツが眩しいぐらいよく似合い、どこまでも優しげな瞳だったので、さらにみょうがさんは心を奪われた様子です♪お茶会中は写真撮影厳禁なので轟悠の画像はありませんが、終了後に撮影されたお茶会の様子がブログ内にアップされています。舞台メイクではない、素顔の轟悠に会えるのも、お茶会ならではです。

みんなのコメント
  1. 匿名 より:

    轟さんは理事長ではありません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。