宝塚 チケット
高翔みず希組長は宝塚歌劇団を体現する人物だった!?

高翔みず希は、宝塚歌劇団・花組の組長(男役)です。ファンの間でも、「さおり」、「さお太」、「さんちゃん」の愛称で親しまれています。ダンスは劇団内でも指折りと評判なので、スマートにエスコートして欲しいと願うヅカファンも多いでしょう。

高翔みず希は、宝塚歌劇団花組の組長(男役)です。東京都出身のタカラジェンヌとして、都会的な雰囲気が魅力的ですよね。

ファンの間でも、「さおり」、「さお太」、「さんちゃん」の愛称で親しまれています。ダンスは劇団内でも指折りと評判なので、スマートにエスコートして欲しいと願うヅカファンも多いでしょう。

一目でわかる!高翔みず希の舞台作品

1990年、第76期生として宝塚歌劇団に入団。「ベルサイユのばら(フェルゼン編)」で初舞台を踏みました。同期には、宙組組長の寿つかさ、宙組副組長の鈴奈沙也がいます。20年以上の実績がある大ベテランとして、力強い存在感、確かな実力を兼ね備えた、オールマイティーな組長です。

1992年から1997年までは月組に所属し、「PUCK」や「ME AND MY GIRL」などに出演しました。1998年から2000年までは宙組に所属。宝塚の公演では定番になっている「エリザベート~愛と死の輪舞(ロンド)」の黒天使役で活躍しました。

2000年以降は花組の一員として40作品以上もの舞台を経験し、トップレベルの実力を誇っています。蘭寿とむのサヨナラ公演にもなった「ラスト・タイクーン」では、マーカス・ロー役に抜擢されました。

高翔みず希の性格は?温かい人柄

▶︎「高翔みず希応援ページ」

その心は、宝塚歌劇団の教訓である「清く・正しく・美しく」の精神をしっかり受け継いでいますね。

高翔みず希の性格は?誠実で一途な役作り

アンドレアさんは、高翔みず希の丁寧な役作りにも惚れ込んでいる様子です。どんな役でも心を込めて一生懸命に演じるその姿に、高翔みず希の誠実さを感じたとか。ファン歴15年以上ともなると奥が深いですね。

ベテランの技が光る高翔みず希

味のある役を演じることが多い高翔みず希。経験豊富なので色々な役をこなせそうですね。「ベルサイユのばら」などの人気公演は、入手難易度がかなり高いことで有名です。チケットキャンプにはリクエスト機能が備わっているので、花組の公演チケットが手に入るかもしれません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。