宝塚宙組男役・蒼羽りくのプロフィールをご紹介!お茶会で見せる可愛らしい性格と色気のあるダンスで人気絶大!

宝塚宙組の男役として活躍する蒼羽りくさん。蒼羽さんは2007年に宝塚歌劇団に入団した93期生です。そこで今回は今年研究科11年目となり、ますます男役としての魅力が増す蒼羽りくさんのプロフィールや経歴、お茶会での様子などをご紹介したいと思います。色気のあるダンスに、見守りたくなってしまうような弟力を持つ蒼羽りくさんのギャップにやられたという方も多いのではないでしょうか?これから宝塚宙組を支えるタカラジェンヌとして要注目です!

宝塚宙組男役・蒼羽りく(そらはね りく)

宝塚宙組に所属する男役・蒼羽りく(そらはね りく)さん。

現在のトップスター・朝夏まなとさんの退団公演が迫る宙組。宙組を太陽のように照らし続ける朝夏さんの退団は寂しいですが、真風涼帆さんと星風まどかさんの次期トップコンビ就任が発表された今、新生宙組を支えるタカラジェンヌにも注目が集まっています。

そこで今回は抜群のスタイルを持ち、素晴らしいダンサータカラジェンヌとして活躍する蒼羽りくさんのプロフィールや経歴、お茶会でのエピソードなどをご紹介したいと思います。

宝塚宙組のその他のおすすめ記事

蒼羽りくさんのプロフィール

基本プロフィールをチェック

  • 誕生日:10月13日
  • 身長:173cm
  • 出身地:東京都府中市
  • 出身校:都立神代高等学校
  • 初舞台:2007年3月「シークレット・ハンター」

現在ダンサーという肩書が有名な蒼羽りくさんですが意外にもバレエを始めたのは小学生の高学年…と少し遅めのスタートでした。中学生になってからはコンテンポラリーダンスにも夢中になり、週5日バレエ教室のレッスンに励んでいたようです。

そんなダンス好きだったのが理由で宝塚歌劇団を目指すことになった蒼羽さんは2005年に音楽学校へ入学。

蒼羽りくさんは93期生

93期生の主な生徒は

  • 舞羽美海(元雪組トップ娘役)
  • 芹香斗亜(花組二番手男役)
  • 桜咲彩花(花組娘役)
  • 彩風咲奈(雪組男役)
  • 十碧れいや(星組男役)
  • 愛月ひかる(宙組男役)

など…現在研究科11年目になる93期生はそれぞれの組で人気タカラジェンヌとして舞台を支えています。

真風涼帆さんとはお掃除場所が同じ

メディアでも取り上げられ有名な宝塚音楽学校でのお掃除。ファンにとって応援するスターさんがどこの掃除場所だったかは気になる話題ですよね。

蒼羽りくさんの音楽学校時代のお掃除場所は1番教室でした。そして分担さんと呼ばれる掃除場所が同じの一期上の先輩は次期宙組トップスターの真風涼帆さん。掃除分担の跡継ぎは本科生が指名制で決めるという方式になっているようですが、真風さんは蒼羽りくさんを受験の時から見て気になっていたそうです。

蒼羽さんは真風さんのことを「ゆりかさん」、真風さんは蒼羽さんのことを「すみれちゃん」と呼び合っているところが微笑ましいですよね。

星組で初舞台

2007年、星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台を踏んだ蒼羽りくさん。成績は50人中3番という高成績での入団。

魚をイメージしたストーリー性のあるロケットが印象的でした。

蒼羽りくさんの舞台経歴

主な舞台経歴

初舞台を経て、宙組配属になった蒼羽りくさん。芸名が“そらはね”ということもあり宙組配属がぴったりですよね。

2007年6月「バレンシアの熱い花/宙 FANTASISTA!」で宙組生としての大劇場公演に出演した後、2008年2月「黎明の風/Passion 愛の旅」の新人公演で早霧せいなさん演じる宮川喜一郎役に抜擢されました。

その後も2009年4月大和悠河さんと陽月華さんのサヨナラ公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」の新人公演でヒロインの弟役フランシス(本役・北翔海莉)を爽やかに演じ注目を集めます。

その後も着々と役が付きスター街道を歩んでいった蒼羽さん。研究科4年目で初の新人公演で主演に抜擢されてから合計3度の新人公演の主演を経験しています。

  • 2010年5月「TRAFALGAR/ファンキー・サンシャイン」オーギュスト・バルモン、新人公演:ホレイショ・ネルソン(本役・大空祐飛)
  • 2012年8月「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』ケンプ、新人公演:ラインハルト・フォン・ローエングラム(本役・凰稀かなめ)
  • 2013年9月「風と共に去りぬ」新人公演:レット・バトラー(本役・凰稀かなめ)

下級生時代からの抜擢とあって歌に課題あり…という感じでしたが、トラファルガーの海軍の軍服姿や銀河英雄伝説での華やかな衣装を着こなし、コスチュームものが似合うと評判でした。

新人公演を卒業したあとも

  • 2014年8月全国ツアー「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」アンドレ
  • 2015年4月バウホール公演「New Wave!-宙-」
  • 2016年7月「エリザベート」ルドルフ、エルマー・バチャーニー、シュテファン・カロリィ(役替わり)

などに出演し様々な役を経験しています。

王妃の館でクレヨン役に抜擢

そしてファンの間でも話題になったのがこちら。2017年2月の大劇場公演「王妃の館-Château de la Reine-」でクレヨン(黒岩源太郎)役に抜擢された蒼羽りくさん。ニューハーフの役を熱演し、その演技力が素晴らしかったと評判になりました。

蒼羽りくさんの魅力とは?

かわいいいいい! かわいい! あいくるしい💓💓💓💓 #宝塚 #蒼羽りく

A post shared by あっちゃん💄 (@a___risu) on

蒼羽りくさんのダンスがすごい!

普段はぽわんとした可愛らしい容姿の蒼羽りくさんですが、舞台に立つと色気を漂わせながらバリバリと踊る姿がカッコ良くて、そのギャップにやられるファンの方も多いのではないでしょうか?

とにかく下級生の頃から蒼羽りく=ダンス!というイメージですが、長い手足から繰り広げられるダイナミックなダンスが魅力的です。

宝塚の名ダンサー・蘭寿とむさんが宙組に在籍していたころのショー「ファンキーサンシャイン」のプラズマダンサーという場面やバウホールでの若手を中心としたショーステージ「New Wave!-宙-」などでも華麗なダンスを披露しています。

見守りたくなる系ジェンヌ

色気もありダンスも上手な蒼羽りくさんですが、その可愛いらしいビジュアルからか、見守りたくなる様な雰囲気を持っています。少し歌が苦手という欠点すら可愛らしい!と評判です。

蒼羽りくさんのお茶会エピソード

人気のタカラジェンヌはそれぞれにある私設ファンクラブが公演ごとにお茶会を開催しています。蒼羽りくさんのお茶会も舞台の話や私生活の話、タカラジェンヌと一緒にできるゲームなど盛りだくさんな内容になっているようです。そしてなんといってもダンスのプレゼントがあるのが蒼羽さんらしいですよね。

お茶会に行くとスターさんの普段の性格が垣間見えてよりファンになってしまうこと間違いなし。

蒼羽りくさんのお茶会での様子を見ると、ちゃきちゃきお話してファンの人を盛り上げるサービス精神旺盛な性格なようです。

蒼羽りくさんの今後の舞台

次回大劇場公演

蒼羽りくさんの次回出演の舞台は宙組の人気トップスター朝夏まなとさんの退団公演でもある次回の大劇場公演「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~/クラシカル ビジュー」。

芝居は期待の演出家・上田久美子先生によるロマノフ王朝の末期、ロシア革命前を舞台にしたストーリーです。そしてショーは稲葉大地先生の色とりどりの宝石をイメージした華やかなレヴューになりそうですね。

蒼羽りくさんは「神々の土地」では朝夏さん演じるドミトリーの同僚の近衛騎兵・ウラジーミル・ボルジン役を演じます。

芹香斗亜さんの組替え

そして真風涼帆さん・星風まどかさんがトップコンビに就任し、新生宙組を盛り上げるタカラジェンヌとして花組二番手男役の芹香斗亜さんが宙組に組替えすることが 発表されました。

芹香さんと、愛月さん、そして蒼羽さんは93期の同期生。

そんな3人が最初に揃う「タカラヅカスペシャル2017」は梅田芸術劇場メインホールで2017年12月21日(木)〜12月22日(金)の2日間4公演となっています。

93期トリオが集結するのは人事的な意味でヅカファンにとっては少し不安な面もありますが、同じ173cmの高身長のイケメン男役が並ぶ姿が楽しみでもありますよね。

蒼羽りくさんの活躍をお見逃しなく!

(出典:photo AC)

次回の宝塚宙組公演「神々の土地/クラシカルビジュー」に出演する蒼羽りくさん。

中堅の舞台を支える男役として宙組で活躍する蒼羽さんのプロフィールや経歴、魅力などをご紹介しました。これから朝夏まなとさんのサヨナラ公演、そして新トップコンビのお披露目と大事な時期が続く宙組でますます成長していく姿に期待です!!

宝塚歌劇のその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。