王家に捧ぐ歌 チケット
宙組公演「王家に捧ぐ歌」アイーダを誰が演じる?大胆予想!

宙組新トップとなる朝夏まなとさん大劇場お披露目公演の演目が「王家に捧ぐ歌」に決定しました。 有名なオペラ「アイーダ」を宝塚版として改訂し2003年に星組で上演された作品を、今回新たに宙組新体制で再演するというもの。 中でもファンがどうしても気になっているのが、やはり「アイーダ」役でしょう!

宝塚歌劇宙組新トップとなる朝夏まなとさん大劇場お披露目公演の演目が「王家に捧ぐ歌」に決定しました。

有名なオペラ「アイーダ」を宝塚版として改訂し2003年に星組で上演された作品を、今回新たに宙組新体制で再演するというもの。

中でもファンがどうしても気になっているのが、やはり「アイーダ」役でしょう!

現時点で誰が演じるのかを予想してみました。

宙組公演「王家に捧ぐ歌」の配役は?

「王家に捧ぐ歌」は、敵対するエジプトとエチオピア、ふたつの国の間を超えて愛を貫く男女とそれを取り巻くたち人間たちの壮大な歴史的スペクタクルミュージカルです。

主演のラダメスはもちろん朝夏まなとさん

しかし、ファンの間で議論になるのが、この作品の見どころとなる、囚われのエチオピア王女アイーダを誰が演じるかということです。

前回の初演では、星組二番手男役であった安蘭けいさんが、愛と、滅ぼされる自分の国の間で葛藤するひとりの女性を見事に演じきり、話題になりました。

宙組公演「王家に捧ぐ歌」は、ふたりの女性が鍵となる!…演じるのは?

しかし前回までの例がそのまま次の再演でも、通じるわけではありません。

「王家に捧ぐ歌」の中のアイーダは難解なナンバーをこなし、ストーリーを回していくいわば軸となる役です。

対してエジプト王女であるアムネリスも動きが少ないながらも見せ場が設けられています。

恋人ラダメスの心が離れていく様に孤独にさいなまれ、苦悩しつつ成長する王女という役割は、実は宝塚娘役としてはかなり珍しいもの。

相手役である実咲凜音さんの可能性が高いとみられています。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。