宙組2015ツアー公演決定!あの名作再演に朝夏まなとが挑む

宝塚歌劇宙組の、秋の全国ツアー公演が決定しました。サスペンス・コメディ「メランコリック・ジゴロ-危ない相続人-」と、ロマンチック・レビュー「シトラスの風Ⅲ」です。この記事では、全国ツアーの最新情報と、公演決定時のファンの声をお届けします。

宝塚歌劇宙組の、秋の全国ツアー公演が決定しました。

  • ・サスペンス・コメディ「メランコリック・ジゴロ-危ない相続人-」(作・演出 正塚晴彦)
  • ・ロマンチック・レビュー「シトラスの風Ⅲ」(作・演出 岡田敬二)

今回は、北海道で千秋楽を迎える東回りの公演です。名作ミュージカルと宙組ならではのショーの再演という、楽しみな組み合わせ!この記事では、全国ツアーの最新情報と、公演決定時のファンの声をお届けします。

「メランコリック・ジゴロ」は笑い溢れるラブコメディ

「メランコリック・ジゴロ」は、1993年に安寿ミラさん率いる花組で初演され、2008、2010年には真飛聖さん主演により花組で再演された名作です。

まさに、ジゴロがお似合いの男役の多い花組のための演目です。朝夏まなとさんは花組育ちの男役。この作品の再演に相応しいトップスターです。ストーリーは、正塚先生のお芝居らしく軽快でコミカル。

1920年代のヨーロッパを舞台に、陽気なジゴロたちが一攫千金を企む夢物語を、笑いとペーソスの中に描いたミュージカル作品。(出典:宝塚歌劇

99~100周年の宝塚では重厚な作品に挑むことの多かった宙組だからこそ、こうした軽快な作品でどのようなアプローチを見せてくれるのか、楽しみです。初演で真矢みきさんも演じた2番手役など、誰が抜擢されるのかにも注目ですね。

宙組発足時の心を引き継ぐ「シトラスの風」

お披露目公演も1本物で、「今年はまあ様のショーは見られないかも…」と思っていたところにシトラスの風再演!このショーは宙組発足時のショーで、2014年には、凰稀かなめさんの熱望により「シトラスの風Ⅱ」として公演され、好評を博しました。

そのショーが、まあ様率いる新生宙組でも見られるんです!Ⅱではオープニング後の1幕が新たに書き下ろされていましたから、今回もそこには「まあみりコンビ」に相応しい場面があてがわれるはずです。宙組のお家芸「明日へのエナジー」が、ダンサーでありパワフルな歌声が魅力の朝夏まなとさんで見られるとあって、演目発表の時点で胸がいっぱいです。

今後も、宙組が新体制になるたびに再演して欲しいくらいの名場面ですよね。

宙組公演決定に湧くファンの声

この全国ツアー演目発表に湧く、宙組ファンの声をあつめてみました。まず、「メランコリック・ジゴロ」について喜ぶ声です。みりおんちゃんがラブコメ!というだけで幸せです。

再演ものとあって、早くも配役希望や予想も飛び交っています。

宙組7代目トップスターも、シトラスの風を継いでくれて嬉しいですね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。