未来のトップスター登竜門!宝塚新人公演であった伝説とは?

宝塚でトップスターへの登竜門となるのが、入団7年目までの若い世代の生徒のみで行われる「新人公演」です。もう二度とはみることの叶わない「伝説」が必ず起こる場所でもあります。そんな宝塚新人公演でこれまであった数々の伝説を紹介していきます!

宝塚でトップスターへの登竜門となるのが、入団7年目までの若い世代の生徒のみで行われる「新人公演」です。

そして未来のスターたちがしのぎをけずり若さと青春の限りをつくして役に取り組むため、もう二度とはみることの叶わない「伝説」が必ず起こる場所でもあります。

これまであった数々の伝説を紹介していきます!

ファンなら一度は行ってみたい!宝塚新人公演

新人公演は通常大劇場で公演される本公演と同じ内容を、下級生のみで上演するものです。

早くから人気のある新人がいよいよ新人公演の主演を務めるともなれば、チケットは入手困難をきわめ本公演も顔負けの人気を博すこともあります。また本公演でトップスターの演じる主演の役を射止めた生徒は、未来のトップスター候補であるとみなされます。

主演だけでなく本公演で演じている役の生徒が新人公演の同じ役の生徒を指導するというスタイルも宝塚ならではの伝統のひとつです。

そんな新人公演において燦然と輝く伝説が数多く残るのにはちゃんと理由があるのです。

新人公演が伝説の舞台となる理由

古くは入団1年目で主演に大抜擢された天海祐希さん、新人公演中に照明が落ちたにも関わらず、なに食わぬ顔で舞台を続行した壇れいさん、ショースターとしてがぜん注目を浴びた霧矢大夢さん、そして演技技量で相手役を圧倒してしまったと騒がれた野々すみ花さん…等々。

まだ右も左もわからない新人たちが役にまさに命をかけて取り組むことが伝説誕生の理由といえるでしょう。

まだまだいる!新人公演で伝説を起こしたトップスターたち

ミュージカル「エリザベート」は演技の深みと難しいナンバーを求められることから、もっとも生徒たちの涙と喜びを経た伝説をみられる新人公演のひとつです。

後にトップスターとなる安蘭けいさん、彩輝直さん、そして蘭寿とむさんも「エリザベート」新人公演を経験したことによって、自分の役者の道が開けたと話しています。

中でも安蘭さんのトートは歌で観る者を圧倒し、当時本公演を超えるともいわれ現在でも語り継がれるほどです。彩輝さんは演技を磨き、蘭寿さんはその存在感を増しそれぞれスターの階段を昇っていきました。

そして現在花組のトップスターの明日海りおさんが、月組時代にエリザベートの新人公演で主役のトートを演じた時は、チケットを手にいれるためにファンが殺到し異例の徹夜組が出たとの噂もあるほどの盛り上がりとなりました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。